スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


テーマ : ジャンル :

         身近な新発見!
ポケカルの
日帰りツアー

こんにちは、ガラちゃん!

「ガラ・ルファ」の写真。すばしっこく動き回ってましたが、なかなかよく撮れました。人間の角質を好んで食べるとは思えないほど、案外とかわいい。

ガラ1
ガラ2

ガラの足湯、見かけると入りたいと思うのですが、だいたい別料金じゃないですか。生き物ですから管理が大変だからしょうがないですが、どこか別料金なしで入れる所無いかな~と思って探してたら、案外身近なところにありました。御殿場の「天恵」でやってるようですね。静岡第一歩はここにしましょう。

テーマ : とりあえず書いとこ ~ф(゜゜) ジャンル : 日記
スポンサーサイト


ひとたび一票!
 お願いします
         人気ブログランキングへ
   ふたたび
   ポチッと!
      


         身近な新発見!
ポケカルの
日帰りツアー

秋の笛吹川フルーツ公園

山梨では紅葉終わってしまいましたが、11月中旬のレポです。
先日、TONOさんのブログ見て、「赤いフルーツ公園もいいな~」と思って、ちょっと立ち寄りしました。この時期でもすでに終わりかけでしたが、まだなんとか楽しめるくらい色づいてて良かった~

秋のフルーツ公園1
秋のフルーツ公園2
公園のシンボル、奇形の建物群と赤い木、斜面のお花畑もなかなかキレイ



秋のフルーツ公園3
ロードトレインのバス停



秋のフルーツ公園4
よくみるとこんなのが付いてるではありませんか!



秋のフルーツ公園5
公園最上段「恋人の聖地」展望台より。ダイヤモンド富士ではありませんが、日の出です・・・



秋のフルーツ公園6
赤松の湯「ぷくぷく」もまさに赤いです。



秋のフルーツ公園7
朝焼けの富士、赤と黄色の三重奏・・・ってほどでもありませんが、なかなかお気に入りの一枚。

本当は、TONOさんの写真にあった、甲府盆地をバックに黄色と赤が立ち並ぶ所いいなあと思って、探しましたが、全体的に公園の木々も色あせてましたんで、なかなかいい絵が見つからなかったのでした。今度はあれを撮りたいな!

(2009/11/15訪問)

テーマ : ちょっとおでかけ ジャンル : 旅行


ひとたび一票!
 お願いします
         人気ブログランキングへ
   ふたたび
   ポチッと!
      


         身近な新発見!
ポケカルの
日帰りツアー

西沢渓谷に行ってきましたが・・・【序章】

前の記事「秋のフルーツ公園」と同日、TONOさんのブログで紹介のあった西沢渓谷に行ってきました。できれば紅葉の盛りに訪れたかったですが、フルーツ公園でもまだなかなかだったので、ちょっとは期待してました。別に真っ盛りじゃなくてもいいんです。枯れかけでもそれとなく色付いてれば、余韻に浸れます。

ところが目が点!略して、ところてん・・・
西沢渓谷1
紅葉どころかすでに落葉の山です!

いやあ、西沢渓谷の紅葉はすでに終わってると聞いてましたが、ここまでとは・・・前日雨が降ったせいか水面も濁り気味で、エメラルドグリーンに光ってくれません。

緑の季節のTONOさんの記事「滝三昧の西沢渓谷」の写真と見比べてほしいくらいです(笑)
でも、もともと紅葉には頓着が無かったわけだし、あくまで渓谷とトロッコ軌道跡を見に来たのだから良しとしよう。考えようによっては、この異様?な光景も茶樺の林と思えば風情ある景色に見えてくる・・・ような。



さて、気を取り直して出発~
西沢渓谷2
まずは西沢渓谷入り口から、140号線のガードをくぐる、ちょっとした光景。



西沢渓谷3
しばらく行くと、西沢渓谷の余興ともいえる「なれいの滝」がお出迎え。



西沢渓谷4
おおっ、これが「キレイなトイレ」ですね。(例のオレンジが落ちてた場所ですねー)
ここは西沢渓谷ハイキングコースの往路と復路の分岐点となります。



冒頭写真の枯木並木もとい茶樺の中を唖然としながら進むと、右手に↓
西沢渓谷5
枯木の中の紅一点!ある意味、異様なまでに見事に赤い!ちょっと幸せー
この時点ではまだ淡い期待が胸に膨らむも、結局紅葉が見れたのは、この一本のみ!



西沢渓谷6
しばらく歩いて行くと渓流にかかる橋が見えた。どうやらトロッコ軌道の橋梁跡らしい。



西沢渓谷7
休業中の西沢山荘前に到着。この先あたりから遊歩道は狭くなってくる。



西沢渓谷8
間近に迫ってきたまだささやかな渓流を左手に見ながら細い道を進む。木々が川に突き出すように斜面から斜めに生えている光景にちょっと迫力を感じた。



西沢渓谷9
西沢渓谷10
二俣吊橋です。

西沢渓谷11
細い通り道で緊張の吊り橋の上からは・・・

西沢渓谷12
おおっ、あれが噂の鶏冠山ですよねぇ!なるほど納得。



西沢渓谷13
西沢渓谷の看板を通り過ぎ、いよいよ渓谷も佳境に突入していく・・・



西沢渓谷14
なにやらジグザグ階段が見えてきました。見下ろせば・・・

西沢渓谷15
大久保の滝です。
いよいよ西沢渓谷滝三昧の始まりです。



西沢渓谷16
西沢渓谷の見所のひとつ!眼下に三重の滝が見えてきました。

西沢渓谷17
その名の通り三重折に流れ落ちる三重の滝です。

西沢渓谷18
横から見たところ。なかなか迫力あります。

西沢渓谷19
この三重の滝のベストビューポイントとして「滝見台」が設置されてます。
滝見台を後にして、渓谷はいよいよ近迫してきて激しくなってくる・・・



西沢渓谷20
ふと目に付いたこちら。岩肌をぬるぬると流れ落ちる、これも滝なんでしょうねぇ。何て名前かなあ?

西沢渓谷21
「足元注意」ですか(って!)



西沢渓谷22 これがフグ岩ですか!
西沢渓谷23
やはり言われればふぐに見えますが・・・(;一_一)



西沢渓谷24
西沢渓谷25 人面洞です。
これもやはりどのあたりが人面なんだか分からず仕舞いでした・・・



西沢渓谷26
鎖の付いた岩場の道を渓谷伝いに歩いていく。

西沢渓谷27
西沢渓谷のハイキングコースは整備されてて歩きやすいですが、このような岩場を上っていく行く個所もあり、濡れていると滑りやすいので注意が必要です。



西沢渓谷28
豪快に流れ落ちる小滝、竜神の滝です。



西沢渓谷29
少し遠目に、恋糸の滝
西沢渓谷の中では繊細な滝ですが、あまり見惚れなかったかな。



西沢渓谷30
貞泉の滝です。
ナナメに滑り落ちる滝面は滑らかに見え、それでいて豪快!



西沢渓谷31
西沢渓谷32 母胎渕です。
ぽっかり空いた空洞が印象的だったかな。



西沢渓谷33 カエル岩の看板。左手を見ると↓
西沢渓谷33-1
確かに姿はカエルに見えるような気がしますが(?_?)
最初これかと思ったんですが、違いました。本物はこちらです↓

西沢渓谷34
色も緑がかってて、まさに口を開けたかえるに見えます!(^O^)



西沢渓谷35
西沢渓谷36 方丈橋です。
渋こけた小さな木の橋は、いたいけな感じがした。この橋の上からは↓

西沢渓谷37
向こうに水しぶきを立てた滝壺が覗ける。いよいよクライマックスに到着か!

次回「西沢渓谷に行ってきましたが・・・【終章】」に続く。

(2009/11/15散策)

テーマ : ちょっとおでかけ ジャンル : 旅行


ひとたび一票!
 お願いします
         人気ブログランキングへ
   ふたたび
   ポチッと!
      


         身近な新発見!
ポケカルの
日帰りツアー

西沢渓谷に行ってきましたが・・・【終章】

※前回の記事はこちらになります↓
西沢渓谷に行ってきましたが・・・【序章】 

西沢渓谷38
いよいよやってきました。西沢渓谷のクライマックス!



西沢渓谷39
その名の通り、5段に分かれた自然が織り成す神秘!
渓谷の一番奥まった所に、この滝。まさにフィナーレにふさわしきかな・・・出来すぎです!



西沢渓谷40
下から2段目の滝(だと思います)を横から。
エメラルドグリーンには、ちと遠いですが、それとなく輝いてます。やはり普段はピカピカに光ってるんでしょうか。前日の雨のせいもありますが、なんとなく深緑の季節の方が、緑が映えて綺麗な水面を輝かせるような気もしてきますね。じゃ紅葉の季節はマッカッカ?!なんてことは無い・・・



西沢渓谷41
2段目からざっと5段目まで(だと思いますが)を一挙に。
全貌をカメラに収まりきれません!ひとつの段々が、まさに釜のように見えますね~ ここに浸かってみたい気もする・・・



西沢渓谷42
一番上の5段目(だと思われます)を横から覗く。

七ツ釜五段の滝を通り過ぎると、最後のおまけ的な不動の滝を遠目に眺めて、滝三昧は終了。西沢渓谷往路の終点へ。



西沢渓谷43
しゃれた木の階段を上って行きます。これがなにげに結構のぼったかなあ・・・

「しゃくなげ群生地」だそうで、その季節には全然違った景色になるんでしょうねぇ・・・ちなみに西沢渓谷のベストシーズンは、秋の紅葉時とアズマシャクナゲが彩る5月中旬~下旬だそうで、ここより先から西沢渓谷の復路で見所の模様。紅葉はもういいや、次回はシャクナゲに会いに来よう~



西沢渓谷44
ようやっと西沢渓谷の往路終点に出ました。なかなか見晴らしのいい休憩広場となってます。

ここにあったトイレの裏手に↓
西沢渓谷45
見つけました、トロッコ軌道跡~!
コースから外れてさらに奥へと伸びていく線路ですが、その先は・・・

西沢渓谷46
踏み入ることができませーん!

西沢渓谷47
さすがにこの先は危険のようです。土砂が崩れて線路の片方が浮いてる状態になってました。



さてコースに戻って復路の始まりです。ここからはトロッコ軌道跡とともに道を下っていきます。

西沢渓谷48
さわぐるみ橋です。

これも方丈橋と呼ばれる橋状で、方丈とは橋を支えるナナメの部材を差し、橋の中間に支えを作れない場合に用いられる工法のひとつ。中間に支えを作れない場合の工法として、他には、つり橋やアーチ橋がある。そういえば猿橋もそうだったけか。あれは刎橋(はねばし)と呼ばれるもの。



西沢渓谷49
コースの軌道跡は、おそらく歩きやすいように一本剥がされていますが、ここをトロッコが走っていたんだ~という臨場感が、時を超えても感じさせます・・・

西沢渓谷50
西沢渓谷復路は、トロッコが通っていたくらいなので、往路より平坦な道ではありますが、それにしても細く険しい山道、結構くねくねした所を通していたんだなあと思わされます。



西沢渓谷51
名も無き42号橋ですが、ここから見降ろせば・・・

西沢渓谷52
七ツ釜五段の滝を遠目に一望!
なかなかいい眺めです。



西沢渓谷53
しゃくなげ橋です。こちらは、つり橋。



西沢渓谷54
おおっ、線路が宙に浮いてるではありませんか!このあたりは・・・

西沢渓谷55
出ました~ ひこいっちゃんころばし!
トロッコ軌道が、いかに難所だったかを伺わせます。



そしてこちら↓
西沢渓谷57
西沢渓谷56
いこり橋いこりころばし!



西沢渓谷58
まもなく開けたところに出ました。大展望台です。

西沢渓谷59
ここからも鶏冠山(とさかやま) 。
右端の山は木賊山(とくさやま) 。



西沢渓谷60
大展望台からしばらく歩くと、トロッコの名残が!

西沢渓谷61
トロッコの説明が書かれた看板は、ここにありました。

このトロッコ軌道跡は、三富村から塩山駅を結んでいた「三塩軌道」の跡で、昭和43年まで西沢・東沢の木材搬出に活躍していたとのこと。(もう40年も前になるんですね)登りは馬で引き上げ、下りは塩山駅まで自然勾配を利用して、ブレーキのみで駆け下りたというからスゴイです。



またしばらく歩いたところで、ちょこんとしたかわいい祠がありました↓
西沢渓谷62
西沢渓谷山の神です。



西沢渓谷63
西沢渓谷ハイキングコース最後の橋、ネトリ橋です。ここを渡れば最初の出発地点に出ます。



西沢渓谷64
橋の上より。トサカも見収めです・・・



正直、最初はあまりに殺風景なんで、テンションでブログにしようか迷いましたが、歩き進むうちに見所沢山で徐々にになってきました。あとで写真見ていると、いいところ巡ってきたなあとしみじみしてきて、やっぱり書きたくなったのでした。次回はシャクナゲの季節にリトライです!

(2009/11/15散策)

テーマ : ちょっとおでかけ ジャンル : 旅行


ひとたび一票!
 お願いします
         人気ブログランキングへ
   ふたたび
   ポチッと!
      


         身近な新発見!
ポケカルの
日帰りツアー
プロフィール

TENE

Author:TENE
とりあえず国内旅行限定の
新鋭素人ルポライターです!
↓こちらのHPもやってます↓
たびっぷくロゴ
トラベレジャー自由誌「たびっぷく」
  旅行・観光を綴った私覚的自由誌
My★毎日記 【一記一得】
  一記一得をコンセプトにした日記

カレンダー
11 | 2009/12 | 01
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
お気に入リンク

カテゴリ
検索フォーム

当ブログに記載の情報は、訪問当時の情報になりますのでご了承下さい

ご意見・ご質問はこちら↓
メール【メール】
ご感想・足跡など何でもどうぞ↓
【たびっぷく掲示板】

月別アーカイブ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。