スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


テーマ : ジャンル :

         身近な新発見!
ポケカルの
日帰りツアー

田谷の洞窟

もう2年前になりますが、今回はこちらに訪問しました。

田谷の洞窟1

ブログ開設当初、他の方のブログを見て、ずっと行ってみたいと思ってた所です。

訪れたのは8月で、暑い最中でしたが、洞内はひんやりするくらい涼しく、
この季節にはオススメのスポットであります。




田谷の洞窟2

田谷の洞窟は、正式には 「田谷山瑜伽洞」(たやさんゆがどう)といい、
定泉寺(じょうせんじ)境内にあります。
なので、観光スポットではありますが、はしゃいだりしないで、
謹んで参拝しましょう。




田谷の洞窟3

見た感じ、小高い丘の森の中に、小さな口を開けてる洞窟入り口。
この先に、大洞窟空間が広がってるとは、この見た目からでは想像できませんでした。

入り口で1本のろうそくに火をつけて中に入ります。
これが風前の灯のように、すぐに消えそうになるので、
足元に気をつけて、ゆっくりと慎重に進みましょう。

大洞窟空間とは、ちょっと大げさかもしれませんが、観覧ルートは250mとはいえ、
所要時間は30分以上かかるほどの、巨大地下迷宮のように感じられました。
あっ、ルート順に進むので、迷うことはないんですが・・・



あと少し暑い時期が続きますので、涼みに出かけるのもいいかもしれません。
ちなみに、すぐそこに日帰り温泉施設の「湯快爽快たや」もあり、ダブルで訪問したいところ!

(2015/8/8 訪問)

テーマ : ちょっとおでかけ ジャンル : 旅行
スポンサーサイト


ひとたび一票!
 お願いします
         人気ブログランキングへ
   ふたたび
   ポチッと!
      


         身近な新発見!
ポケカルの
日帰りツアー

花の都公園【チューリップ】

花の都公園チューリップ1

山中湖にある花の都公園で、
今年もチューリップの季節がやってきました。

毎年だいたい4月下旬に咲き始め、5月上旬に見頃を迎えます。
「花の都公園のHP」をご覧になれば、
今年の開花情報が載っています。
ただいま、ぽつりぽつりと咲き始めているようですね。
GW後半あたりに満開になるんじゃないでしょうか。

さて今回は、昨年訪問時のレポートをお届けします。



花の都公園チューリップ2
こちら、公園入口へ続く架け橋です。

花の都公園には、無料エリアと有料エリアがあって、
この架け橋の両サイドに広がるエリアはすべて無料エリアとなります。
もちろん無料エリアは入園無料です。
※ただし車でお越しの際は、駐車場は有料となります。

花の都公園のチューリップは、主にここに集中していて、
雄大な富士山をバックにした、一番の見所となっています。



花の都公園チューリップ3
架け橋の右サイドには、赤いチューリップが、綺麗に並んでいました。

ちなみに、奥に見えるのは、有料エリアにある温室ドームとなります。
有料エリアには、他に滝や洞窟などもあって、かなり見応えあります。


なお有料エリアにも、ピンク・オレンジなど、カラフルなチューリップが
咲いており、無料エリアからでも、柵越しにちょっと眺めることが
できますので、こちらもついでに。
花の都公園チューリップ16花の都公園チューリップ17


花の都公園は、無料エリアだけでもお腹いっぱいになるのですが、
せっかくなので、有料エリアとセットでご覧になるのがオススメですね。
とはいいながら、今回は無料エリアのみの紹介なので、
有料エリアは、いずれそのうち。



花の都公園チューリップ4
こちらは架け橋の左サイド。

黄色のチューリップがびっしり敷き詰められている感じで、
じゅみたいに、一面を染めています。



花の都公園チューリップ5
架け橋の上から、右手を見れば、ふもとにチューリップを従えた
雄大な富士山が目の前に!



花の都公園チューリップ6
おやっ、こちらから下に降りられるようですね。



花の都公園チューリップ7
チューリップを、さらに身近に見ることができます。



花の都公園チューリップ8
花の都公園チューリップ9



花の都公園チューリップ10
花の都公園チューリップ11
正直言って・・・先ほどの富士山より、こっちのほうが絵になりますねぇ。



花の都公園チューリップ12



花の都公園チューリップ13
花の都公園チューリップ14



花の都公園チューリップ15
締めはこの一枚!「富士のふもとにチューリップ」

(2013/5/8 訪問)



ところで以前紹介したチューリップソフト(←参照記事)ですが、
この年は販売していませんでした。なんでも、その年々によって、
ソフトの種類は様々で、そのひとつとして、チューリップソフトも、
過去何度か登場しているとのこと。そのうちまたお目にかかれるといいですね。

テーマ : ちょっとおでかけ ジャンル : 旅行


ひとたび一票!
 お願いします
         人気ブログランキングへ
   ふたたび
   ポチッと!
      


         身近な新発見!
ポケカルの
日帰りツアー

西湖樹氷まつり【ライトアップ】

毎年、だいたい1月下旬から2月上旬に、
西湖野鳥の森公園で開催される西湖樹氷まつり
2014年は、1月25日~2月2日に開催されます。

今回は、昨年(2013年)に訪問したときのレポを送ります。
昼間であれば、富士山をバックに樹氷が並ぶ景色を眺められる
場所にありますが、この日は、明るいうちに訪問することができませんでした。


西湖樹氷まつり1


それでも、日没後はライトアップされて、昼間では味わえない、
幻想的な樹氷の姿を、目の当たりにできたのでした。



西湖樹氷まつり2
いきなり、たいそうな樹氷が立ちはだかっています。
ライトアップされて輝いています。近づいてみましょう。


西湖樹氷祭り3
こちらは、この年の干支「巳」をイメージした樹氷みたいですね。
なんとなくコブラみたいに、ヘビが立ち上がってるように見えますかね。



西湖樹氷まつり4
お次はこちらです。

西湖樹氷まつり5
「スカイツリー」をイメージした、見事な氷のタワーですねぇ。
土台部分の、「ツララで持ち上がってる感じ」が印象的でした。



樹氷にまじって、こんなんもありました↓↓↓
西湖樹氷まつり6
西湖いやしの里根場の「茅葺き」ですね~
かわいいミニチュアです。



西湖樹氷まつり7
西湖で話題の奇跡の魚「クニマス」をイメージした作品です。
左側が口で、ガーッと口を開けてる感じなんだと思います。
そういう風に見ると、豪快に口を開けた魚に見えてきますね。

ちなみに「クニマス」は、絶滅種とされていたのが、
近年西湖で発見されて、話題になりました。

昼間の会場では、たい焼きのような「西湖クニマス焼」も販売してるようです。
西湖樹氷まつりの名物「ヒメマスの塩焼き」・・・・こちらは本物の魚みたい
とともに、とても気になる一品ですねぇ。食べたい焼き!



西湖樹氷まつり8
山梨でサッカーといえば「ヴァンフォーレ甲府」ですが、
どこらへんがヴァンフォーレ甲府なのかは、ちょっと分かりませんでした。
(^^;

あれっ、後ろに何か見えますね。行ってみましょう。



西湖樹氷まつり9
「エベレスト」です。なるほど、それらしくできてますねぇ。
富士山のふもとにそびえるエベレストもオツなものですね。

昼間であれば、世界遺産の「富士山」と世界一の「エベレスト」の
共演を、カメラに収めることができるみたいですよ。



西湖樹氷まつり10
最後に、会場の一番奥にあったのはこちらです。


西湖樹氷まつり11
むき出しの氷肌が、豪快で見事です!


西湖樹氷まつり12
ちょっと離れて見るとホント、ナイアガラの「滝」のように見えますね~



今回一番印象に残ったのは、やはりナイアガラの滝と、
個人的には、こちらでしょうか↓↓↓
西湖樹氷まつり13
「樹氷」ではありませんが、かわいい~よくできたミニチュアでした。

(2013/1/30 訪問)

テーマ : ちょっとおでかけ ジャンル : 旅行


ひとたび一票!
 お願いします
         人気ブログランキングへ
   ふたたび
   ポチッと!
      


         身近な新発見!
ポケカルの
日帰りツアー

江の島ウインターチューリップ

江の島サムエル・コッキング苑で開催される
「江の島ウインターチューリップ」の季節が間近に迫りました。

江ノ島ウインターチューリップ1
江ノ島ウインターチューリップ2


江の島ウインターチューリップは、毎年1月上旬~下旬ころに
開催されています。冬の最中でも春のひと時を感じられる、
色鮮やかなチューリップたちが開花します。

その数2万本!チューリップが苑内を彩ります。

今回のレポは、前回開催である2013年1月に訪問した時の
写真をお届けします。



江ノ島ウインターチューリップ3
江ノ島ウインターチューリップ4
江ノ島ウインターチューリップ5
江ノ島ウインターチューリップ6
江ノ島ウインターチューリップ7



なお、夕方からはライトアップされるようなので、
同時期開催の「江の島シーキャンドルライトアップ」とともに
夜のイルミネーションを楽しむのもいいですねぇ。



江ノ島ウインターチューリップ8
江ノ島ウインターチューリップ9
江ノ島ウインターチューリップ10
江ノ島ウインターチューリップ11



ちなみに「江の島ウインターチューリップ」と、「江の島シーキャンドル
ライトアップ」、2月に開催の「バレンタインアイランド江の島」の
3つのイベントを合わせて、「湘南の宝石」と銘打った光と色の祭典と
なっており、湘南冬の風物詩になっています。
そしてこの「湘南の宝石」は、関東三大イルミネーションに認定されました。

今回は、イルミネーションの時間まで滞在していないので、残念ながら
見ることができませんでしたが、今度は準備を整えて(・・・機材を揃えて)
イルミネーションを捉えにいこうかと狙っています。

(2013/1/24 訪問)

テーマ : ちょっとおでかけ ジャンル : 旅行


ひとたび一票!
 お願いします
         人気ブログランキングへ
   ふたたび
   ポチッと!
      


         身近な新発見!
ポケカルの
日帰りツアー

富士芝桜まつり

毎年本栖湖で行われる富士芝桜まつり が間近に迫りました。
2013年は、4月13日からの開催となります。
今年は、例年より少し早いスタートとなりました。
予定では、6月2日までの開催となります。

そんなわけで今回は、去年初めて訪問した時のレポートを送ります。

訪問したのは、開催も終了間近の5月終わりで、
ピークを過ぎていた感じではありましたが、
メインの竜神池周辺の芝桜は、まだ健在でありまして、
その魅力を充分に味わうことができたのでした。



2012富士芝桜まつり1
富士山をバックに竜神池と芝桜

富士芝桜まつりといえば、この景色!
一番有名なメインスポットですね。



2012富士芝桜まつり2
遠目に見るとホント絨毯みたいで綺麗です。



2012富士芝桜まつり3

全体的にはピークを過ぎていましたが、部分的にはまだまだ健在でした。
でも、これだけ綺麗に咲いているのを見れたので、充分だったと思います。



2012富士芝桜まつり4
特に目を奪われたこちらの芝桜。可憐ですね~



2012富士芝桜まつり5
「多摩の流れ」・・・・そのネーミングも風流です!





さて、恒例(?!)のお土産コーナーです。

まずは、こちら
2012富士芝桜まつり11
富士芝桜まつりお土産NO.1の「さくら葉餅」
ちゃんと箸まで付いてる。



でも、興味のあったこちらの方を購入
さくらくず餅1
さくらくず餅2
吉野本葛入りの「さくらくず餅」

相変わらず盛り付け上手く出来ませんでしたが~
桜の花びらが練り込まれたくず餅です。
黒蜜が付いてますが、そのままでも甘くて、
フルーツポンチのような味わいでした。





お土産紹介したところで、話を再び芝桜まつりの会場に戻します。

2012富士芝桜まつり8
こんなところに足湯がありました。
気が利いてますね~



2012富士芝桜まつり9
富士山の天然水を沸かした足湯に、疲れも癒されます。



2012富士芝桜まつり10
正面にドーンと富士山が!贅沢なロケーション。



2012富士芝桜まつり6
会場を見渡せる展望台もありました。



2012富士芝桜まつり7
展望台から会場を一望です。

左奥だけ鮮やかに色付いている所が竜神池の周りです。
全盛期には、これが全面染まるんでしょうか!?

でも開花時期にもバラツキがあるので、全面開花を拝めるのは
なかなか難しいみたいですね。さらに近年では、天候の影響で
芝桜の開花も芳しくなく、実はこの年の開催も、もともとは
中止の予定だったそうです。

開花情報を見てみると、この年も竜神池周辺以外は、写真と同じように
あまり芳しくなかった様子でしたが、それでも一番のメインである
竜神池周辺の芝桜は、長い間見頃を維持していたようですね。

すでにピークは過ぎていたけれど、最後の最後まで
頑張って咲いてくれていた芝桜に、拍手と感謝の気持ちを送ります。
そしていつの日か、また。
全面開花を、見れることを期待して。

(2012/5/24 訪問)

テーマ : ちょっとおでかけ ジャンル : 旅行


ひとたび一票!
 お願いします
         人気ブログランキングへ
   ふたたび
   ポチッと!
      


         身近な新発見!
ポケカルの
日帰りツアー

クラフトの里「ダラスヴィレッジ」

山中湖畔にあるこちらのお店。

ダラスヴィレッジ1

クラフトの里「ダラスヴィレッジ」 に行ってきました。

こちらでは、陶芸やガラス細工体験が、気軽に楽しめます。
前に 『いい旅夢気分』 に出てきて、行ってみたいと思っていました。

お店のHP見てみると、結構いろんなことができますねぇ。
お値段も、お手軽価格から本格的なものまで様々です。

今回は、一番人気のある吹きガラス体験をやってきました。
なお各体験は、予約優先なので、予め予約して行った方がいいです。



ダラスヴィレッジ2
「吹きガラスは、こちらの小屋ですよ~」

選んだのは15分の体験コース。
お値段によって、ぐい呑み、小鉢、コップ、灰皿などがチョイスできて、
お好みの色まで選べます。オプションで、取っ手を付けたり泡入りにしたりも
できるので、自分なりのオリジナルな作品が作れます。

職人さんが付いて一緒に製作して頂けるので、全く心配ありません。
っていうか、あくまで「体験」なんで、だいたいは職人さん任せです。
それでも、普段体験できない「吹きガラス」を、
直に体験できるのはいいですねぇ。



ダラスヴィレッジ3
そして出来上がったのが、こちら「灰皿」!

ちょこんとタバコ置きが付いてるところがポイントですかね。
これもガラスに、鉄棒を当てて、ちょこんとヘコませて出来たものですね。
色も、単色とか2色とか選べて、満足いくものができました。
ほとんど職人さん任せですけどね~

本当は、「いい旅夢気分」で紹介されてた
季節限定(春・夏・秋・冬)の「富士山コップ」にしようと思ってたんです。
これは、その名の通り、逆さにすると富士山の形してる
立派で味のあるコップなんですが~

でもこれだと、すでに形が決まってるし、季節によって色も
決まってるみたいだったので、今回は、自分で選べる楽しさがある
通常の体験コースにしたのでした。
だって、富士山コップに取っ手とか付けれないでしょう?

次回は、この「富士山コップ」にトライしてみたいと思います。
あっ、予約の段階では「吹きガラス体験」で予約できますので、
体験コースの内容詳細は、向こうに行ってから決めることができます。

(2012/5/25 訪問)

テーマ : ちょっとおでかけ ジャンル : 旅行


ひとたび一票!
 お願いします
         人気ブログランキングへ
   ふたたび
   ポチッと!
      


         身近な新発見!
ポケカルの
日帰りツアー

高尾山トリックアート美術館

トリックアート美術館1

京王線の高尾山口駅前に、堂々と建ちそびえる
高尾山トリックアート美術館に行ってきました。



トリックアート美術館2

美術館としては珍しいかな、こちらは写真撮影OKな施設です。
それもそのはず・・・
ここでは、カメラが大活躍するのです!



トリックアート美術館3
館内入口です。いざトリックアートの世界へ~


トリックアート美術館4
おっと、いきなり扉が口を開けてますが?!
こちらは、だまし絵です!



まず最初に、トリックアートについて簡単な説明を受けて、
片目を覆うための「目隠しアイテム」を頂きました。
・・・・昔、視力検査で使ったようなやつです。

トリックアートは、目の錯覚をたくみに利用した
いわゆる「だまし絵」なので、片目で見ると良いものも
あるので、このアイテムを使います。



トリックアート美術館5
おっと、思わず足元に目が行ってしまったあなた!


トリックアート美術館6
僕と同じ・・・現金な人ですね(笑)

これ、ホント真っ平らな床に描かれてるんです。
あたかも、本当に落ちているかのようです。



ところで、「カメラが大活躍」と書きましたが、
実際の目で見たものよりも、カメラで撮った写真の方が、
なんというか、よりリアルに映って見えるような気がしました。

これは「片目で見える錯覚」と関係してるのかなと思います。
カメラで撮ると、3次元が2次元になるわけで、片目を閉じたのと
同じような効果があるんじゃないかなぁ???
確かではありませんが。。。上手く説明できなくてスイマセン・・・

というわけで、ここでアップした画像は、
片目をつむる必要はありませんよ!



トリックアート美術館9
何やら凸ばってます。


トリックアート美術館10
うーむ、思わず引っこ抜きたくなる・・・



通常見る風景であれば、肉眼にはかないませんが、
ここでは必ずしも、そうとは限らないみたいで、
写真を撮りまくった方がいいみたいですねぇ。
でも他の人に迷惑がかからないようにしましょう~

実際に見た感じと、写真を比べてみるのも面白いかも!



トリックアート美術館11
そっち行っちゃだめ!
・・・痛い目を見ることになります。


トリックアート美術館12
奥行き感ある荘厳な宮殿


トリックアート美術館14
この時計は・・・本物?やっぱり幻なの?




トリックアート美術館21
こちらは立派な・・・


トリックアート美術館22
絵っ?! 横から見ると立体な・・・




トリックアート美術館15
取っ手を→に回します。○印の面に注目です。


トリックアート美術館16
あ~ら、不思議!まさに目を疑う実体験です。




そして、究極はこちら↓↓↓
トリックアート美術館17

ボタンを押すと、渦巻がぐるぐる回転します。
これを15秒間、凝視してから下の絵を見ると・・・

↓↓↓

トリックアート美術館18

雲が、もにょもにょ動めいているのです!
って、これは写真じゃ無理ですね。

これは実際、見てもらいたい貴重な体験でした!
これって、ムービー撮ったらどうなるのかしら???



トリックアート美術館では、ただ「だまし絵」を見て
楽しむだけにはとどまりません。自分も絵に溶け込んで、
このトリックな世界に躍りだすのが一番の醍醐味です!

トリックアート美術館8
ちょっと恥ずかしながらの、ありふれたポーズですが。



館内のいたるところに、このような撮影ポイントがあって、
自分なりのポーズで、どう演出するかがポイントですね。



トリックアート美術館13
こちらの絵には、石の棺を持ち上げるような
ポーズでの撮影見本があって、参考になりました。

棺の重さが伝わってくるような臨場感ある
写真が撮れるといいですねぇ~



トリックアート美術館19
大きく開いたゴリラの大口!

口の中で、大の字になってもいいし、
恐る恐る縮こまってもいいんじゃない?!



トリックアート美術館20
奈落の橋渡り!

ここは、2階フロアから1階フロアを見下ろした所にあります。
橋の上を、恐る恐る歩いてる様子を撮れば、
かなりスリリングな絵になるのではないでしょうか?!



そんなわけで、ここの美術館は2人以上で行くのがオススメですが、
あまり混雑していなければ、フロアにいる係りの人にお願いして、
写真を撮ってもらうこともできるみたいですね。

(2012/5/2 訪問)

テーマ : ちょっとおでかけ ジャンル : 旅行


ひとたび一票!
 お願いします
         人気ブログランキングへ
   ふたたび
   ポチッと!
      


         身近な新発見!
ポケカルの
日帰りツアー

引地川の千本桜

「また来週」のつもりが、5月になってしまいました・・・
ちょっと遅くなりましたが、今年の桜見レポートです。
神奈川県大和市にある引地川の千本桜 に行ってきました。

引地川の千本桜1
大和市の外れを流れる引地川沿いに、桜並木が続いています。



引地川の千本桜2
満開までとはいきませんでしたが、これだけ咲いてれば充分々々。



引地川の千本桜3引地川の千本桜4
菜の花とチューリップも咲いてる所もあって、ささやかながら桜とコラボ。



引地川の千本桜5引地川の千本桜6
桜茶の無料サービス!

たぶん日曜日だったからだと思いますが、桜茶サービスをやってました。
桜餅の葉の香りと味がする、ちょっとお洒落な一杯、ごちそうさまです!



引地川の千本桜7
桜のアップ

桜の花を間近で見れるのはいいですねぇ~



引地川の千本桜8
橋を渡って、向こう側に行ってみましょうか!



引地川の千本桜9
引地川の千本桜10
ここの桜は、川面を半ば覆うようにせり出して、
         垂れ下がってる形で咲いています。
川に沿って桜並木がズラっと続く、その姿に、ちょっと見とれます・・・



引地川の千本桜11

今日は「お花見歩き」だったんですが、
たまにはゴザ敷いて眺める、なんだか懐かしい感じのする
「お花見」やってみたいなぁ・・・と思いました。

(2012/4/8訪問)

テーマ : ちょっとおでかけ ジャンル : 旅行


ひとたび一票!
 お願いします
         人気ブログランキングへ
   ふたたび
   ポチッと!
      


         身近な新発見!
ポケカルの
日帰りツアー

ドラゴンクエスト展

たびっぷく旅光記の途中ですが、ただ今開催中の
ドラゴンクエスト展に行ってきたので、レポします。

ドラクエ展1

誕生25周年記念「ドラゴンクエスト展」
六本木ヒルズ森アーツセンターギャラリーで、
2011年12月4日までやっているそうです。



チケット売り場で、スライムタワーのお出迎え!
ドラクエ展2
童心に返ったように心くすぶられます。



入口では、職業を選んで「冒険の書」が渡される。
ドラクエみたいでワクワクしますね~
これをもとに、謎解きをしながら、最後には竜王と戦えてしまうという、
ちょっとした冒険気分を楽しめるようになってる。



ドラクエ展3
ドラキーが現れた!

やはり展覧会なので、会場内は撮影できないのですが、
モンスターモニュメントは撮影できるようになってるのが嬉しい!



ドラクエ展4
おおきづち
・・・と、その影に隠れるようにスライム。



竜王の城に入ると、その場にいる人々の中から、各職業より一人づつの
代表を選び、武器を手にして、スクリーンに映る竜王とバトル開始!
実際武器を手にするのは、導かれし代表なわけでありますが、
「ミナデイン」などの呪文を、みんなで唱えたりして、
その場にいる人々全員が、一丸となって竜王と対峙します。

「竜王が正体をあらわした!」
ドラクエの忘れられない名文句の一つですねぇ。
それまでスクリーンに映っていた平たい竜王が消えて、
スクリーンの奥から、巨大化した竜王が姿をあらわした時は、
思わず「お~~!」といってしまうほどの迫力がありました。



ドラクエ展5
スライムナイト
盾にスライムマークなんて付いてたんですね~

ドラクエ展6
角度を変えてもう一枚。
ゲームでは味わえない存在感です。



竜王を倒したあとには、貴重な展示コーナーが続きます。
ドラクエの企画書などが展示され、懐かしさも相まって
とても興味深いものでした。当時、ドラクエはこのように
作られていたのか!と生に感じられた、手書きの資料でした。

ここでちょっと感心したことがひとつ。
当時のカセット容量は、512kbit(64KB)だったということで、
今にしてみれば、ブログの写真サイズ1枚と同じくらいの容量だった
そうです。なんとも驚きであります!



ドラクエ展7
さまようよろい
そのなにげないネーミングが忘れられません・・・

ドラクエ展8
別の角度から一枚。う~ん、迫力あります。



会場には展示のほかに、「どうぐや」があって、
ドラゴンクエストグッズが売られていたり、
「ルイーダの酒場」では、ドラクエにまつわるメニューが
頂けるという、まさにドラクエワールドでした。

「スライム肉まん」食べたかったんだけどな~
並んでいたんで諦めました・・・



ドラクエ展9
躍動感のあるゴーレム
・・・と、足元に?!

ドラクエ展10
メタルスライムみっけー!



なおドラゴンクエスト展には、再び来場すれば、「勇者の冒険の書」が
もらえるとのこと。後日再訪問すると1500円かかるところ、
当日このまま再入場すれば、300円でもう一度入れるらしい。
勇者を極めたい人は、やってみてはいかが?



ところで、ドラゴンクエスト展の入場料は1800円なんですが、
六本木ヒルズ展望台と森美術館の入館料を含んでいるので、
せっかくだから展望台にも行ってみました。

六本木ヒルズ展望台より
六本木ヒルズ展望台「東京シティビュー」
森タワー52階よりの眺め。夜景が素晴らしいらしいです。

正面に東京タワーがそびえ、写真には映ってませんが、
遠くにスカイツリー、右手にはレインボーブリッチと
東京の景色を総なめ!

(2011/11/22 訪問)

テーマ : ちょっとおでかけ ジャンル : 旅行


ひとたび一票!
 お願いします
         人気ブログランキングへ
   ふたたび
   ポチッと!
      


         身近な新発見!
ポケカルの
日帰りツアー

夏の宮ヶ瀬

昨年の夏、宮ヶ瀬に行って来ました。

宮ヶ瀬には3つの観光エリアがあります。
以前紹介した所で、クリスマスでも有名なのが湖畔エリア。
今回はその反対側、あいかわ公園のあるダムサイトエリアに
行ってみました。宮ヶ瀬ダムが見れるのも、このエリアです。

まずは宮ヶ瀬ダムへの玄関口、あいかわ公園です。

宮ヶ瀬ダムサイト1
「風の子橋」を渡って公園内へ。



宮ヶ瀬ダムサイト2
中央広場にある「パークセンター」



宮ヶ瀬ダムサイト3
この水車、なかなか見事です!



「パークセンター」には、宮ヶ瀬周辺の模型や、
古民家のミニチュアなどが展示されています。

ちょっと注目なのがこれ↓
宮ヶ瀬ダムサイト4
組ひも体験コーナーです。



宮ヶ瀬ダムサイト5
手動のハンドルを回すと、それぞれの糸束が複雑に回転して
一本の組ひもが、鮮やかに編まれていくのには、ちょっと見応えと
やり応えがあります。ついつい夢中になってしまいますね~



お知らせ看板がありました。
宮ヶ瀬ダムサイト6
ダムの放流があるんですね。ここに来て初めて知りました。
しかも毎日やっているわけではないようです。ラッキーでした。

宮ヶ瀬ダムの観光放流は、毎年4~11月に行われています。
放流スケジュールは、宮ヶ瀬ダムのHP等で確認できますので、
せっかくなら、放流予定日に訪れたいものですね。
※平成23年の観光放流は、例年とは違った特別スケジュールで
 行われるので、ご注意ください。



いよいよ、あいかわ公園から宮ヶ瀬ダムへ向かいます。
公園からダムまでは、ロードトレインが走っているのですが、
この日は運休してたようです・・・歩きました。
ダムまでは、歩くとちょっと遠いです。
ロードトレイン走ってたら、乗っちゃった方がいいかも。

宮ヶ瀬ダムサイト7
ロードトレインはお休み中のようです・・・



宮ヶ瀬ダムサイト8
宮ヶ瀬ダムが見えてきました!

この「WELCOME宮ヶ瀬ダム」って書いてあるオブジェ。
よく見るとダムの形してるんですよ。かわいいですね~



宮ヶ瀬ダムサイト9
目の前に、ダムの全貌が姿をあらわしました。



宮ヶ瀬ダムサイト10
ダムの麓にあるインクライン乗り場を入ると・・・



宮ヶ瀬ダムサイト11
インクラインとご対面です。

宮ヶ瀬ダムインクライン(有料)は、ダムの麓からダム頂上まで
ダムの絶壁に沿うように上昇するケーブルカーです。



宮ヶ瀬ダムサイト12
インクライン車内。ダム頂上まで4分の旅。



宮ヶ瀬ダムサイト13
頂上目指して出発。なかなかの急勾配!



宮ヶ瀬ダムサイト14
見下ろせば、かなりの迫力!



宮ヶ瀬ダムサイト15
下りのインクラインとすれ違い。



宮ヶ瀬ダムサイト16
本当、ダムの絶壁を駆け上がってるみたいな
迫力ある景色を楽しむことが出来ました!



宮ヶ瀬ダムサイト17
いよいよ終点かぁ・・・



宮ヶ瀬ダムサイト18
ダム上からインクラインを、一枚パシッ!

放流の時刻が迫っていて時間が無かったので、ダム上の写真が無いのがうっかりですが、帰りはダム中央にあるエレベータ(無料)で、一気に下りました。



宮ヶ瀬ダムサイト19
エレベータから外に出る通路は、冷んやりしててちょっと快適~



いよいよダムの放流です!
宮ヶ瀬ダムサイト20
写真だと迫力ありませんが、白い帯のようで綺麗ですね。



宮ヶ瀬ダムサイト21
できるだけ近づいて見ました。
少しでも迫力が伝わるでしょうか?



宮ヶ瀬ダムサイト22
終~了~

動画も撮ったんですが、出ている所を撮っても
あまり迫力がありません。 じかに見てた方がいいです。
狙うなら、ドバっと出始めを狙うのがオススメですね。

放流の直前に、説明アナウンスが流れるんですが、そのアナウンスが終わるか終らないかのうちに、もう放流が始まったので、出始めを狙うなら、アナウンスに気を取られることなかれ・・・ですか。

(2010/8/13訪問)

テーマ : ちょっとおでかけ ジャンル : 旅行


ひとたび一票!
 お願いします
         人気ブログランキングへ
   ふたたび
   ポチッと!
      


         身近な新発見!
ポケカルの
日帰りツアー

大雄山最乗寺の「和合下駄」

南足柄市にある大雄山最乗寺。
ここに、世界一大きな下駄があると聞いて、
胸をカタカタ高鳴らせ、訪れたのでした。季節は去年の5月です。

世界一大きいというその「和合下駄」は、
大雄山最乗寺のかなり奥の方にあります。
まずは三門から、本堂まで上って行きます。

大雄山最乗寺1
大雄山最乗寺「三門」です。



三門そばで綺麗な模様の花を見かけました。
大雄山最乗寺2

アヤメかと思ったんですが、ジャカというアヤメ科の多年草みたいですね。


三門から少し上がって、本堂前の広場に来ました。


大雄山最乗寺3
こちらが大雄山最乗寺「本堂」



本堂の前にある光明亭の池に、ちょっと注目の噴水を見つけました。
大雄山最乗寺4

よく見ると、亀の背中から噴き出しているのですね~
よくできています。



おっ、案内板です!
大雄山最乗寺5

期待に胸をケタケタ弾ませて、先に進みます。



本堂脇を通り抜け、さらに奥に進みます。
大雄山最乗寺6
ここら辺で、なかなか花が綺麗に咲いていました。



大雄山最乗寺7
「結界門」↑ をくぐったところで、
ちょっと長い階段を上ると、ようやく「御真殿」↓ に到着。
大雄山最乗寺8



御真殿の左手を見れば・・・
大雄山最乗寺9

おおっ、いろんな下駄たちが並んでいるではありませんか!

大雄山最乗寺10
↑おやっ?奥になんか見えますね。



大雄山最乗寺11
じゃーん!これが、
世界一大きい「和合下駄」 でありま~す。



大雄山最乗寺12

しかしここまで大きいと、下駄なんだか何だか、分かりません~
ちゃんと下駄の形してるんですけどね。
まあ世界一ということで、大きな目で見ましょう・・・

この世界一の下駄はともかく、いっぱい並んでるここの下駄たちにも注目です。下駄といっても本物の下駄じゃないんですが、下駄の形によく出来てます。よく見ると大きい下駄から、ちっちゃな下駄もあって、とてもかわいいです。

大雄山最乗寺13

大雄山最乗寺14
これなんか下駄の親子みたい~



ところで、下駄は左右一対揃って一つとなることから、夫婦和合の信仰が生まれたとのことで、ここは夫婦の幸せを願うスポットでもあります。



さて、帰り路。
本堂前の広場を出た辺りで、なにやら見慣れたものがあるではありませんか?!
大雄山最乗寺15

ああ、こんなところにもお揃いでいらっしゃったんですねぇ。
そういえば、さっきの案内板に書いてありました。
こちらが「初代大下駄」のようです。

見た目そんなに大きさ変わりがなさそうでしたが、重さは、こちらは1500キロ。世界一のあちらが3800キロというから、倍以上違うんですね。とにもかくにも、せっかくなんでこちらもお見逃しなく。

(2010/5/11訪問)

テーマ : ちょっとおでかけ ジャンル : 旅行


ひとたび一票!
 お願いします
         人気ブログランキングへ
   ふたたび
   ポチッと!
      


         身近な新発見!
ポケカルの
日帰りツアー

宮ヶ瀬クリスマス

宮ヶ瀬クリスマス1

ついに宮ヶ瀬に本訪!
といっても去年のレポです。
クリスマスの時期になったらアップしようと思っていました。

ちなみに前回訪問記事「宮ヶ瀬下見」はこちら!
写真を見比べて頂けるとおもしろいかも?!



宮ヶ瀬クリスマス2
宮ヶ瀬のシンボル「もみの木ツリー」と、
ライトアップされた「水の郷大つり橋」をバックに、
これまたライトアップされた「ロードトレイン」
まるで車掌さんみたいですね~ トレインだけに・・・

このロードトレイン、通常は昼間だけなのですが、
宮ヶ瀬クリスマス期間中は、
夜間も運転されています。(17時~21時)



宮ヶ瀬クリスマス3
宮ヶ瀬クリスマスの会場である宮ヶ瀬湖畔エリアの
「水の郷商店街」も大盛況ですね~



宮ヶ瀬クリスマス4
宮ヶ瀬クリスマス5
今回、携帯カメラでしたが、イルミネーションは結構綺麗に撮れました~

少しでも雰囲気が伝わればいいかなと?
ここで即興ムービーをひとつ。
[広告] VPS




宮ヶ瀬クリスマス6
なんとも幻想的な雰囲気。
このアーチをくぐり、階段を下って、ツリーに接近です!



宮ヶ瀬クリスマス7
ツリーと同じ高さまで降りたところで一枚。
分かりづらい写真ですが、下から見上げると
さらにデカいですね。

ちなみにロードトレインに乗れば、ツリー間近まで大接近できるんです。



さて小腹がすいた所で、なんか食べましょうか・・・

恵水ポーク1
恵水ポーク2

恵水ポーク3

水の郷商店街の屋台で、焼きたて一本頂きました。



今年の宮ヶ瀬クリスマスは、すでに始まっており、12/26(日)まで。
ツリー点灯時間は、17時~23時となっています。

商店街の方の話だと、ツリーが灯る前、まだ明るいうちに現地入りして、
ツリーが灯った後は、あまり遅くならないうちに帰るのがベターだとか。
さすがに渋滞凄いです!

(2009/12/19訪問)


テーマ : ちょっとおでかけ ジャンル : 旅行


ひとたび一票!
 お願いします
         人気ブログランキングへ
   ふたたび
   ポチッと!
      


         身近な新発見!
ポケカルの
日帰りツアー

かまぼこ博物館

かまぼこ博物館

ついに初見参!かまぼこで有名な小田原・鈴廣の「かまぼこ博物館」に行ってきまし~た。さすが小田原ならではのユニークなこの博物館は、入館無料なんです。



箱根百年水
「箱根百年水」です。
鈴廣かまぼこ作りには、この名水が使われています。



壁の魚
これはまさにぎょぎょ!
壁に埋め込まれた魚たち。
かまぼこの主原料になる魚が展示されています。




かまぼこスライス
おおっ、これはどこかで見かけたことのある
かまぼこスライス模型じゃありませんか!
けっこう大きいですねぇ。期待通り。
実はこれが一番見たかった~



かまぼこ模型
こちらもかまぼこ模型。
かまぼこの色は、お馴染みのピンクの他、
色鮮やかな種類があるようですね。
色を出すのに「うに」とかを使ったかまぼこもあるみたいです。



鈴廣本店
かまぼこ博物館のとなり、こちらは「鈴廣蒲鉾本店」です。
お土産品が揃ったかまぼこショップ「鈴なり市場」もあります。
様々なかまぼこが売られているとともに、試食コーナーも多くて
見て食べて買えるという、3拍子揃った楽しい市場です。



ちょっと珍しいもの発見しました↓
かまぼこバー
なんと「かまぼこバー」なるものが!
かまぼこソムリエがおもてなし。



さすがかまぼこ市場です。いろんなかまぼこが揃ってます。
その中で特に目を引いたもの↓
かまぼこサンプル
でかっ!もちろんこれはサンプルですが・・・
さすがにこれは特注品みたいですね。

これとは逆に、「色いろは」という名の、とってもカワいいカラフルなプチかまぼこのセットもありました。これはのどから手が出るほど買いたかった~

あとは「かまぼこトミカ」ですね。
こちらのそば(←今は販売してませんが)に乗ってたやつですね。

さらに「かまぼこストラップ」! 売ってました。
これが超かわいい~代物です。今度、絶対買ってやります。

注目のお土産が多かったので、またそのうちお土産記事を書きますね。



最後にこちら、かまぼこ博物館の最寄り駅↓
風祭駅
キュートな駅舎、見てきましたよ~

(2010/5/11訪問)


テーマ : ちょっとおでかけ ジャンル : 旅行


ひとたび一票!
 お願いします
         人気ブログランキングへ
   ふたたび
   ポチッと!
      


         身近な新発見!
ポケカルの
日帰りツアー

小田原城址公園

やはり神奈川を制覇するには、ここは訪れなければならない所でしょう。
相模の国が誇る小田原城です。

今の小田原城は復元したものですが、それでも近場で、立派な城郭が眺められるところがあるというのは、なかなかいいものだと思います。まあかえって近場だと、なかなか行こうとは思わなかったりもしますが・・・

小田原城

こちら小田原城天守閣は、もちろん上ることができます。でも、有名なお城の天守閣って、だいたい有料ですよねぇ。だから普段は外から眺めるだけで、あまり入らないのですが、せっかくなんで今日は入ってみました。

天守閣内部は、歴史資料館になっており、展示物がずらりと並んでいます。歴史好きには、なかなか興味のあるスポットでしょう。その他で、目を引いたのが、小田原城の模型。さらに武具や刀はもちろん、当時の人々が使用していた生活用品なども展示されてて、歴史に興味が無くても関心させられる、なかなか味のある展示でした。やっぱり入ってみるもんですねぇ・・・

天守閣最上段はお決まりの展望台。眺めはまあまあといったところでしょうか。おおよそ想像はついてましたが・・・
殿さま気分をちょっとだけ味わって天守閣を下りました。



本丸跡
天守閣前の広場にある本丸跡です。奥になにやら見えますね???



時計
これまたおもしろい形の時計です。ちゃんと北条氏のミツウロコも描かれてます。



本丸茶屋
本丸跡の広場には、軽食屋もあって、くつろぐこともできます。
ここのメニューに↓

御品書
「北条うどん」「早雲そば」 (ともにうどん・そばもあり)
というのがあって、心躍りました!
早雲そばは、普通のやまかけそばみたいですが、「北条うどん」は、小田原名産の梅干しを解きほぐして、梅干しの酸味を醸し出した一品とのことで、名前もさることながら、一度食べてみたいと思いました。



小田原城ミューゼ
本丸跡広場、天守閣の反対側にあった「小田原城ミューゼ」

こちらは小田原城本丸の門である常盤木門(ときわぎもん)を利用した建物です。2Fのフランスガラスの美術館は有料ですが、1Fのミュージアムショップは無料だったので、ちょっと寄ってみました。ここはガラス細工の店となっていて、とても綺麗な「ガラスの兜」や「おひな様」が売ってました。(お値段2万円ほど~)とても買えませんが、見てみるだけでも価値ありなガラス細工店でした。小田原城址公園って、小田原城だけじゃないんですねぇと改めて実感。



常盤木門
小田原城本丸の正門「常盤木門」(ときわぎもん)です。
小田原城址公園は、遠足にはもってこいの場所ですね~
常盤木門を抜けて、二の丸方面に行きます。



イヌマキ
常盤木門を出て少し下りたところに「イヌマキ」
豪快なネジれ加減に圧倒されます。

この「小田原城址のイヌマキ」は、小田原市指定天然記念物で、市内では最大のイヌマキだそうです。これは一見の価値あり!見逃しに注意です。



小田原城歴史見聞館
二の丸広場にある「小田原城歴史見聞館」
こんなところもあったんですねぇ・・・知りませんでした。

こちらも有料ですが、初めてなので入ってみました。ちなみに天守閣と見聞館の入場は、セット券がお得です。さらに小田原市ホームページにネット割引券もあるので、活用してみてはいかがでしょうか。

ここ、小さな施設なんですが、ちょっと見応えがありました。
小田原城ミニチュア
↑小田原城の全貌を見て取れるミニチュアと

江戸時代の街並
↑江戸時代の街並みを再現したゾーンがあって、
見てて楽しかったです。



さて、見聞館を出たところにあるこちらは↓
銅門模型1
「銅門土塀模型」です。
二の丸の表門である銅門(あかがねもん)の建設の際に、予め造られた模型です。

銅門模型2
こうして内部を見れるのはとても分かりやすいですね。



銅門
こちらがその「銅門」(あかがねもん)です。
扉の飾り金具に銅が使われていたため、この名がついたと言われています。

ちょうどツアーのガイドさんがいて、ここの見所を教えてくれました。
ラッキーです。だって、案内板にも書いてないんですもの。
うっかり見逃してしまうところでした↓
銅門の梁
銅門の梁に付けられたこの模様!これ必見だそうです。
ガイドさん、教えてくれてありがとうございました~



学橋
最後に、お堀を渡った所で向こうに見えた
水面に写る朱塗りの「学橋」(まなびばし)。

なかなかいい絵が撮れました。まあ70点くらいでしょう~



※おまけ※
おまけ
お堀沿いの歩道で発見!さすが小田原城下町でした。

(2010/5/11訪問)

テーマ : ちょっとおでかけ ジャンル : 旅行


ひとたび一票!
 お願いします
         人気ブログランキングへ
   ふたたび
   ポチッと!
      


         身近な新発見!
ポケカルの
日帰りツアー

坊ヶ峯夜景

坊ヶ峯の夜景ですが・・・
坊ヶ峯夜景
やっぱり満足に撮れません~
やっぱり肉眼にはかないませ~ん

土日は分かりませんが、平日だったので
やはり誰もいませんでした。
まさに夜景独り占め!

ほどよい高さの小高い丘からの夜景なんで、
眼前の中央道や大きな車道を行く車のライトが
動いていくのを見てとれるのが印象的でありました。



テレビ塔
こちらの鉄塔、ちゃんとライトアップするんですねぇ。
中央道からも綺麗に光ってみえますが、
灯台元で、直に見上げると、なんとも幻想的な輝きに見とれるほどです。

(2010/3/31訪問)

PS.遅ればせながら6月のカレンダーをご覧下さい・・・(汗)

テーマ : ちょっとおでかけ ジャンル : 旅行


ひとたび一票!
 お願いします
         人気ブログランキングへ
   ふたたび
   ポチッと!
      


         身近な新発見!
ポケカルの
日帰りツアー

坊ヶ峯

坊ヶ峰1

中央道を走ってると境川PA辺りで、左側に何やら丘の上にアンテナ群が見えます。
そうです、ここが坊ヶ峯(ぼうがみね)。

ここはなかなか有名な絶景ポイントですが、テレビの放送塔が立ち並ぶだけの人の気ない所で、観光名所的ではありません。駐車スペースが2、3台分あるだけの、結構穴場な雰囲気です。



場所は↓

ここ、丘の上のテレビ塔は見えるのに、どこから上っていくのか迷って、攻めるのに苦労しましたが、なんとか辿りつけました。でも上り口さえ分かれば、上まではすぐ上がれてしまいます。



坊ヶ峰2
坊ヶ峯の展望台です。
どことなく寂れている感じの素朴な展望台があります。



坊ヶ峰3
デッキの上にも、案内板が1つあるだけで何もありませんが・・・



この景色!
坊ヶ峰4
甲府盆地のほぼ中央に飛びだすようにある小高い丘にあるので、甲府盆地をぐるりと全望するような絶景です!写真中央にナナメに通る中央道が、眼前に見渡せます。何も無い寂れた雰囲気が、なおいっそう感慨を引き立てました。

(2010/3/18訪問)

テーマ : ちょっとおでかけ ジャンル : 旅行


ひとたび一票!
 お願いします
         人気ブログランキングへ
   ふたたび
   ポチッと!
      


         身近な新発見!
ポケカルの
日帰りツアー

隼の大わらじ

隼の大わらじ1
はやぶさ温泉の近く・・・とはいっても、国道140号を山梨市方面に徒歩10分くらいの所にあり、歩くとちょっと遠いです。国道沿いにありますが、とくに目立った案内板は無く、駐車場もないので、歩いて行った方がよさそうです。はやぶさ温泉からか、国道沿いのすぐ近くに食堂がありましたんで、そちらを利用がてらでも。



隼の大わらじ2
おそらく日本一、
いや世界一かもしれないと思われる(←確認はしてません)
隼の大わらじ (はやぶさのおおわらじ)

この大わらじ、地元の保存会の方々の手で、春の社日の日に大わらじが作られて、毎年新しいものに付け替える行事が行われているとのことです。なんでも制作に7時間もかかるとか。これは機会があれば、ぜひ一見の価値ありです。



隼の大わらじ3
大わらじは、桜の木に吊り下げられているので、桜との一枚!
この日は、満開とはいかなかったですが、なかなかいい絵になりました。
大わらじは、だいたい毎年3月に付け替えられるので、
桜の季節がオススメですね。

(2010年3月31日訪問)

テーマ : ちょっとおでかけ ジャンル : 旅行


ひとたび一票!
 お願いします
         人気ブログランキングへ
   ふたたび
   ポチッと!
      


         身近な新発見!
ポケカルの
日帰りツアー

ラーメンスクエア

ラーメンスクエア1

立川南口のアレアレア2の3階にある「ラーメンスクエア」は、5周年を迎えたそうです。ここのフロアは、マンハッタンをイメージした街並みの雰囲気の中に、7店のラーメン店が集う、ちょっとしたフードパークとなっています。なんでも、マンハッタンではラーメンが大ブームとか。立川にいながら、ちょっとニューヨークな気分も味わえます。



ラーメンスクエア2
アレアレア2の3階フロア、ラーメンスクエアの入口です。
ビルの中に演出された、ちょっとした街並みに
7店の自慢のラーメン店が軒を連ねています。


せっかく来たんだからラーメン食べましょうか。
それぞれの店で個性豊かなラーメンが並び、目移りしちゃう!


ラーメンスクエア3
僕は、塩ラーメンが好きなので、塩ラーメンにこだわりを持っているという
らーめん「えんや」さんにしました。



ラーメンスクエア4
スタンダードに「えんやらーめん」を頂きました。
あっさりした上品な感じの素直な味で、美味しかったですよ。

ここはさすが、塩ラーメンにこだわりを持ってるとのことで、
ゆずらーめんや梅しそらーめんというメニューもあって
ぜひ食べてみたいですね~

(2010/4/9訪問)

テーマ : ちょっとおでかけ ジャンル : 旅行


ひとたび一票!
 お願いします
         人気ブログランキングへ
   ふたたび
   ポチッと!
      


         身近な新発見!
ポケカルの
日帰りツアー

街の駅やまなし

最近流行ってる(?) の駅シリーズですが・・・
先日、通りがかりに見つけました。
その名も街の駅やまなし!
山梨市駅前に、いつの間にか誕生してました。

「街の駅」といっても、道の駅のように、お土産品などが売られているわけではなく、地域交流センターとして、展示品や催し物などが開かれたりする憩いの場となっていて、街のコミュニティーセンターのような施設です。

街の駅やまなし
館前の庭に横たわる、こちらの大きな松は、「昇龍の松」です。
その名の通り、枝が龍の如く、ビヨーンと幅横に延びてる様は、一見の価値ありですね。



街の駅樽
こんなものも置いてあって、ちょっと風流です。
雨水を貯める天水樽のようです。



そしてこんなところで注目の!
街の駅足湯
「足湯」が沸いてました。
もちろん無料で、ちょこんと入れます。

こちらは温泉ではありませんが、ボイラーの余熱で温められたお湯で、
CO2も排出されず、環境にやさしい足湯となっています。



街の駅足湯2
真ん中の柱からお湯が、したたり流れます。
街中にあって、こちらもちょっとした風流なひとときです。

※「街の駅やまなし」の休館日は、水曜(祝日の場合は翌平日)・年末年始で、足湯は、午前10時~午後5時まで利用できます。(悪天候時は休止)

(2010/3/23訪問)

テーマ : ちょっとおでかけ ジャンル : 旅行


ひとたび一票!
 お願いします
         人気ブログランキングへ
   ふたたび
   ポチッと!
      


         身近な新発見!
ポケカルの
日帰りツアー

本栖湖の富士山

本栖湖1

たまたま通りがかったので、本栖湖の有名撮影ポイントに寄り道しました。
そうです、旧5千円札と現在の1千円札に描かれた
逆さ富士 のモデルとなった場所ですね~



場所は↓

本栖湖北岸、国道300号線中之倉トンネルの手前で左に入った所に、
甲州トイレと駐車場があります。
僕は最初、通り過ぎてトンネルに入ってしまいましたが・・・



本栖湖2
残念ながら逆さ富士は拝めませんでしたが、逆さ富士は、普段なかなか見ることはできない貴重なものらしいので、心眼でみることにしましょぅ(笑)

ちなみにお札に描かれた実際のポイントは、ここよりさらに上にあるらしいです。甲州トイレの横から登り口が付いてまして、約30分くらいとのこと。そのうち気が向いたら行ってみたいですね。

1千円札の絵と比べてみたかったけど、現在千円すら持ってない・・・

(2010/1/16訪問)

テーマ : ちょっとおでかけ ジャンル : 旅行


ひとたび一票!
 お願いします
         人気ブログランキングへ
   ふたたび
   ポチッと!
      


         身近な新発見!
ポケカルの
日帰りツアー

京王れーるランド

京王れーるランド1
やっぱり行ってきました。京王れーるランド!
京王線多摩動物公園駅に隣接の鉄道ジオラマ館です。
1フロアだけですが、入場無料で気軽に入れるのがいいですね。


その1フロアのほとんどを占める巨大ジオラマが設置され、
狭いながらもインパクトあります。
京王れーるランド2

高架の京王線駅や、百草園などがあって、
京王線沿線に因んだジオラマとなってます。
ジオラマ風景は、現実のレイアウトとは違いますが、
京王線沿線の雰囲気を醸し出していますね。

ちなみにこちらのジオラマの模型、運転することもできます。(1回100円)
実物の運転台にあったマスコンハンドル・ブレーキを操作できます。
モニター付きの運転台では、模型に搭載のカメラから、
ジオラマ内の運転風景が見れるというのも、興味をそそられます。



京王れーるランド3
こちらはモノレールの多摩動物公園駅ですね。
こちらも周りの景色は、実際とは異なりますが・・・

左下の赤い丸いのはアドバルーンみたいです。
細かい所まで、よく演出されてて、じっくり見るとおもしろい!



京王れーるランド4
今は懐かしのプラレールも展示してありました。

入り口では、京王電鉄オリジナルグッズが売ってました。お決まりのキーホルダーやストラップですね。さすがに大人になった今では、興味はあっても欲しいとまでは思わないなあと思っていたら、京王電車のUSBメモリーを発見!パソコン機器が、鉄道グッズにも登場してくるとは、時代は移り変わるなあとつくづく痛感させられました。

(2010/3/27訪問)

テーマ : ちょっとおでかけ ジャンル : 旅行


ひとたび一票!
 お願いします
         人気ブログランキングへ
   ふたたび
   ポチッと!
      


         身近な新発見!
ポケカルの
日帰りツアー

井戸尻遺跡

前回の記事で、小淵沢を後にして、少し彷徨っていたら・・・

あっあれは↓↓↓

井戸尻遺跡1
竪穴式住居じゃありませんか!\(☆_☆)/

ここは・・・もう富士見町に入ってるんですね。と・い・う・こ・と・は
さりげなく長野県侵出です! わざとらしいですが・・・
甲斐から信濃へ、天下統一の野望はふくらみます。(なんじゃそれ~)

たまたま通りがかって見つけた(←これは本当)
ここは、縄文時代の「井戸尻遺跡」です。



井戸尻の泉
遺跡には「井戸尻の泉」が湧き出ていました。
八ヶ岳南麓のこの辺りは、古代より湧水に恵まれていたため、この遺跡の集落ができたと考えられているそうです。それを物語るように、今も泉からは湧水が溢れていました。



水車
泉とは離れていますが「水車」がありました。水流あいや風流ですね。



井戸尻遺跡2
復元された竪穴式住居です。
以前に紹介したのと同じように見えましたが
それぞれに特徴がありますねぇ。といっても復元だから実際の形は分かりません・・・



井戸尻遺跡4
上部にちょっと注目しました。明かり窓になってるみたいです。



それでは入ってみましょう~
遺跡の中1
柱もあってしっかりしているようです。やはり真ん中には囲炉裏の跡?でしょうか。
ところが、これだけではありません!



左側には↓↓↓
遺跡の中2
なんと階段がありました。この竪穴式住居は、2層式になってました。



遺跡の中3
上層部分です。先程の明かり窓から、若干の光が入ってきてるようです。
さすがに乗っかると底が抜けそうなので、やめました。
屋根裏の物置だったのかもしれませんね。



井戸尻遺跡3
竪穴式住居前からの景色。先程の水車が見えます。とてものどかな風景です。
写真ではわかりづらいですが、甲斐駒(だと思います)がちょこっと頭を出してます。
なんでもここから富士山も見えるみたいです!この日は確認できませんでした。
さらに反対側には八ヶ岳も姿を覗かせます。

まだ春先だったので、見渡せばほとんど茶色い風景でしたが、夏は緑に染まって全く違った景色になるんでしょうね。またこの遺跡には、春から秋にかけて、スイレンやアヤメ、ハスなど四季折々の花が咲くみたいです。また別の季節に、通りすがり立ち寄ってみたいところです。

(2010/3/20訪問)

テーマ : ちょっとおでかけ ジャンル : 旅行


ひとたび一票!
 お願いします
         人気ブログランキングへ
   ふたたび
   ポチッと!
      


         身近な新発見!
ポケカルの
日帰りツアー

八代ふるさと公園【桜と桃と菜の花】

八代ふるさと公園再び1
やっぱり来ました!八代ふるさと公園 (←以前の記事)

今回は、いつも山梨情報の拠り所としております武田松姫様のブログを見て、桜の花を求めてリトライしました。最初の日はまだ桃の花が咲いていなかったので、その後再び訪問してみました。写真の方はイマイチで恐縮なんですが、念願の3色同順、あいや花の3重奏を見れたので幸せです~



八代ふるさと公園再び2
古墳広場の桜です。
おそらくこの公園の桜シンボリあいや、シンボル桜といえば、これだと思います。



八代ふるさと公園再び3
近くの人が「ノボリじゃま~」とため息ついてましたが
僕はあえてノボリを入れて一枚。ノボリで雰囲気出てると思います。



八代ふるさと公園再び4
この時は、まだ桃の花が咲き始めたころですか。



八代ふるさと公園再び5
欲張って夜も来ちゃいました。
思うように写真が撮れませんが、なんとか・・・



八代ふるさと公園再び6
なんだか先の方でライトアップされてますよ
先ほどの古墳広場の桜です。

ライトアップされた桜は、昼間とはまた違った色彩を花っていました。
写真はとんでもない写りになってたので却下・・・残念!



八代ふるさと公園再び7
なんとかまともに撮れた夜景。
撮り方をちょっと変えました。前回のよりはいいかと。
ライトまぶしい~



ここからが後日の写真です~

八代ふるさと公園再び8
最初の時に桜は結構咲いてたので、もう終わりかなあと思ったら
まだまだ綺麗に咲いてました。そして桃の花は全開です!



八代ふるさと公園再び9
いやあ、ピンクの絨毯とはよく言ったものだと思います。

さすがに絨毯ほど鮮やかにビッシリ!というわけではありませんでしたが
住宅街の合間に、桃畑が織り成すように辺り一面、
遠くの方まであちこちピンクで溢れているのが見渡せます。

正直ここまでピンクに染まるものだとは、正直思っていませんでした。
いと繊細で、華やかな景色が広がっています・・・



八代ふるさと公園再び10
古墳の上に乗って一枚。

滑らかな斜面に広がる桃畑は、ピンクのゲレンデみたいですね~
ちょっと大げさかしら?



八代ふるさと公園再び11
甲府盆地と桜と桃の花。
おお、黄色い菜の花がちょっと見えますねぇ。



八代ふるさと公園再び12
長年これが撮りたかったんですよ~

写真はまあまあのデキでしたが、もれなく納める事が出来たので、満足でした。

(2010/3/31・4/7訪問)

テーマ : ちょっとおでかけ ジャンル : 旅行


ひとたび一票!
 お願いします
         人気ブログランキングへ
   ふたたび
   ポチッと!
      


         身近な新発見!
ポケカルの
日帰りツアー

海ほたる

去年の話になりますが、あの「海ほたる」に行ってきました~
ということは千葉県初登場!です。
いやあ、ここは千葉の初レポにはうってつけのスポットですね。
これからは、海ほたるを越えて房総半島にも突入していくつもりです、たぶん・・・



駐車場から4Fフロアに上がり、木更津方面を見れば↓
幸せの鐘
まず最初に「幸せの鐘」です。
幸せの音が、大切なあの人へ波のように響きます・・・といいですね~

幸せの鐘アップ
どこかにいるあの人へ心をこめて鳴らしてみました(^_^;)



同じ4Fフロアにある「ゆーゆー・レスト」には↓
海ほたる7
なんと「足湯」があります。しかも無料です!

タオルも販売してると思いますが、タオルを忘れずに持って行きましょう。
なお足湯は営業時間に注意。夜間はやっていません。

海ほたる8
写真はもう夕方なんで暗くなってますが、
目の前に木更津方面の海を望む絶好の位置にあります。



海ほたる9
同じく4Fにある「アクアシアター」です。もちろん無料。
映像水族館なんですが、この暗がりの雰囲気の中に浮かび上がるスクリーンには、まるで本物のお魚が泳いでいるかのようです。ユニークなところですね~

さらにこの奥には、「海の上のお城」が展示中でした。(現在もやっているようです)
紙で作られた洋風お城の模型が、時間とともに何色かに移り行くのです。
その精巧な造りとともに、幻想的に光る色合いの変化を楽しむことができました。

また、土日には「海ほたるの発光観察会」(1日2回)というのが行われてるそうで、ちょっと興味があります。そのうち来れるといいですねえ・・・



さて、5Fフロアに上がってきました。
海ほたる1
木更津方面のデッキです。さっきの幸せの鐘の上になります。
アクアラインは、ここ海ほたるから海上に躍り出て、対岸まで橋が延びていく様を見て取れます。目の前に舵なんてあると、なんだか巨大船の操縦席にいるような感じになりますね。

こんなんありました↓(゜-゜)
海ほたる3
座ってほしいみたいです(^O^)



海ほたる2
5Fフロアの両サイドは、このようにズラッと海が見渡せる展望デッキになってます。



海ほたる4
反対側の川崎方面デッキに来ました。こっちにも撮影にうってつけのオブジェがありました。

またまた登場です↓
海ほたる5海ほたる6
座ってあげると喜びます・・・たぶん



海ほたる10
海ほたるを船に見立てて、帆を模ったオブジェですね。
夜になるとこの巨大帆や、海ほたるのシンボルという「イメージモニュメント」(撮り忘れた・・・)がライトアップして、綺麗ですね~



最後に、海ほたるで見つけた、をかしなおかしを↓
ぴーなっつ最中
やはり千葉ですね、「ぴーなっつ最中」!
結構デカめのピーナツ型最中ですねぇ・・・
これ欲しかったんですが今回は懐が。次回は絶対買います。

今回ひとつも食べれなかったんですが、海ほたるには注目する食べ物もいっぱいあって目移りしてしまいます。海ほたる茶屋の名物「海ほたる焼」→どんなのか気になります。同じく名物「あさり焼」→タコじゃなくてあさりが入ってるたこ焼(?)のようです。あとは有名な「いわしバーグ」や、「あさりまん」というのもあって興味深々です。いずれ海ほたるを食べ歩きしたいですね。

(2009/11/4・5 訪問)

テーマ : ちょっとおでかけ ジャンル : 旅行


ひとたび一票!
 お願いします
         人気ブログランキングへ
   ふたたび
   ポチッと!
      


         身近な新発見!
ポケカルの
日帰りツアー

八代ふるさと公園

八代ふるさと公園1

山梨県笛吹市にある「八代ふるさと公園」(やつしろふるさとこうえん)に行ってきました。ここは甲府盆地絶景ポイントのひとつであるとともに、桜の見所でもあるのですが、まだちょっと早いのでほとんど咲いてません。それは承知してたのでショックはありません・・・

「でもちょっとは咲いてるといいないいな」
と期待してた通り、ちょびっとだけ咲かせていましたんで、旨い具合に納める事が出来てニンマリ。




八代ふるさと公園は、笛吹川フルーツ公園とは甲府盆地を挟んで反対側の丘にあるので、また違った景観を楽しめます。またフルーツ公園は、位置的に盆地北側の東寄りにあるため、一望できる範囲は盆地東部分となるので、甲府市街地方面を望むことができません。それに対して八代ふるさと公園は、盆地中央の南側の丘に位置するので、盆地東部分(勝沼方面)から甲府市街地の先まで、まさにワイドに全望できるポイントと言えるでしょう。



八代ふるさと公園2
↑写真は「甲府市街地方面を望む」です。
市街地からさらに左へ、奥行きのある景色を遠望することができますね~



八代ふるさと公園3
そんなに広い公園ではありませんが、園内には滝があって、小川が流れる水場もあります。水の流れがある公園っていいですよね。



八代ふるさと公園4
遠足でしょうか。子供たちは元気です!僕も船の穂先に上りましたが・・・



八代ふるさと公園5
さらにこの公園は「古墳」で有名なんです。


山梨県でも有数の規模を誇る「岡・銚子塚古墳」があります↓

八代ふるさと公園6
古墳といっても、一見ただ土が盛り上がってるだけなんですが・・・

ああ、なるほど!これが子供の時、まだ歴史の授業も駆け出しのころ、教科書で誰もが見かけた事ある「前方後円墳」というヤツなんだなあ・・・と、その姿かたちがそう思わせます。



八代ふるさと公園7

最後に一枚!古墳広場付近より。

ここら辺りからの眺めが、さえぎるものなく一番キレイですね。天気が良ければ南アルプスも望めます。もうちょっとしたら、きっと桃の花でピンクに染まるんでしょうかねぇ。そのうち桜と桃の花のゴールデンタイムに再訪してみたいです。(もしかしてまたすぐ来たりして)

PS.次回は【夜景】とオマケをお届けします。

(2010/3/18訪問)

テーマ : ちょっとおでかけ ジャンル : 旅行


ひとたび一票!
 お願いします
         人気ブログランキングへ
   ふたたび
   ポチッと!
      


         身近な新発見!
ポケカルの
日帰りツアー

三溪園

三渓園

横浜の三溪園に行ってきました。三溪園は四季折々の花々が観賞できる所ですが、1月中旬なんで、園内の風景はさっぱりしています。園内は広いので、自己的に目を見張ったところをまとめてみたのでした。



三渓園2
内苑にあった架け橋「亭榭」(ていしゃ) 
奥に見えるのが、重要文化財の「臨春閣」です。

三渓園3
屋根付き架け橋には、小さな腰掛けがあって、ちょこんと座ってみたくなります・・・



三渓園4
「瓢箪文手水鉢」(ひょうたんもんちょうずばち)

この形が、ちょっと目につきました。秀吉が愛用したと伝えられている手水鉢とのことです。



三渓園5
見ての通り、「石棺」です 
お風呂ではありません(^_^;)
思わず入ってみたくなりますね~(なりません!)

他にも見所ある建造物がいろいろあるんですが、ワタクシこういうのに目が向いてしまうんです・・・この石棺は、奈良で出土した古墳時代のものらしいです。



三渓園6
内苑の入口にある「三溪記念館」には、お抹茶処もあります。風情な景色を眺めながらの一服もいいですね。しませんでしたけど・・・

ここにはミュージアムショップもあり、ここで見つけたお土産にクギ付け!僕的には、これが今回一番の注目ヒットでした。こちらは次回の記事で紹介しますね。



三渓園7
三溪記念館の前で見つけた「春の七草」
このひさし囲い、かわいい~!

三渓園8
小ぢんまりとしたスペースに、春の七草が植えられています。今回2番目の注目ヒットはこれ!


さて、内苑から外苑に出てきました。
ちょっと階段を上った所にあるこちらは有名な↓
三渓園9
三溪園のランドマーク、重要文化財の「旧燈明寺三重塔」 

三渓園10
三重塔からの景色はなかなかよい眺め。



三渓園11
ここまで園内はさっぱりしてましたが、そんな中でも華が咲き誇っていました。

三渓園12
この時期は、スイレンの季節。とても可憐で、ひときわ目立ちます。



三渓園13
三渓園14
合掌造「旧矢箆原家住宅」(きゅうやのはらけじゅうたく)

こちらも重要文化財で、江戸時代のもの。もとは岐阜県白川郷にあった建物を移築したとのことです。

建物の右側奥には勝手口もあり、こちらものぞけます↓
三渓園15
これは台所か、それとも浴槽なんでしょうか(?_?)
当時の生活を彷彿させる、とても興味深いものを見る事が出来ました。



三渓園16
水面に映る「観心橋」に、我ながらうっとり・・・(^_^;)
花が咲いてたらもっと良かったんですがね~



三渓園17
最後にここらあたりで、ポツリポツリと梅の花。まばらでも咲いてて良かったです。

(2010/1/17訪問)

テーマ : ちょっとおでかけ ジャンル : 旅行


ひとたび一票!
 お願いします
         人気ブログランキングへ
   ふたたび
   ポチッと!
      


         身近な新発見!
ポケカルの
日帰りツアー

ぶらっと横浜中華街 ~肉まん記~

中華街

久しぶりに横浜中華街に行ってきました。今回は気楽にぶらっと廻っただけでしたが、しばらく行かないうちに新スポットがいろいろできてて、ここはやはり中華街だけを一日がかりで観光して見たいなと思いました。



関帝廟

中華街といえば「関帝廟」。商売の神様として関羽が祀られているところでシンボル的存在。中華街の街中にあって、ひと際壮大にそびえる建物は、何度見ても目を引かれます。今まで気にしてなかったのですが、門と本殿の屋根にある龍の飾りが印象的でした。



横濱媽祖廟1

そして以前は無かった新スポット「横濱媽祖廟」(よこはままそびょう)。海の守り神である女神の媽祖さまが祀られ、航海安全はもちろん、旅行安全・家内安全・安産祈願・良縁成就などにご利益があるそうです。



横濱媽祖廟2
こちらも関帝廟と同じように街中に、でーんと存在してますが、関帝廟とはまた一風違った華やかさを感じました。



よしもとおもしろ水族館よしもとおもしろ水族館入口
こちらは有名ですね~「よしもとおもしろ水族館」
入り口では大きな水槽に入ったキャラがお出迎え!

ここも前に無かった新スポットで、ビルの1フロアが水族館になってるようです。中華街に水族館があるなんて意外!?入口のある1階は、おみやげ品が並ぶ「よしもと買っチャイナタウン」になってました。



横浜大世界1
横浜大世界2

横浜中華街のチャイナテーマパーク「横浜大世界」です。
食事からお土産まで様々揃った、ビルまるごと8階まであるテーマパーク。上階はトリックアートミュージアムになってます。

いやあ、注目スポット目白押しです。今度じっくり廻りたいですね。



西遊記西遊記看板
こちらは金メダリストの肉まんの看板を掲げる「西遊記」さん。
看板に肉まんがくっついてました~

ここでは気仙沼産フカヒレ使用の「世界一のフカヒレまん」に惹かれました。



老維新
とてもかわいいパンダまんで有名な「老維新」さん。
なるほど、看板にもパンダが~

ところでなんでパンダまんなのかと思っていましたが、中華街だからというわけですね。このパンダまんは他の店でもいくつか見かけましたので、中華街の名物なんでしょう。実はちょうど前日、海老名SA(上り)で初めてパンダまん発見しまして、なるほど中華街が発祥なんだと納得した次第です。(海老名SAのパンダまんは後日)



そして最後に、今回一番の注目の的!
超ジャンボブタまん
「江戸清」さんの「超ジャンボブタまん」!

いやあ、これは驚きですねぇ。この写真はもちろん見本ですが、その巨大さがうかがえます。さすがにこちらは予約が必要とのことです。デカいの大好き~

(2010/1/17訪問)

テーマ : ちょっとおでかけ ジャンル : 旅行


ひとたび一票!
 お願いします
         人気ブログランキングへ
   ふたたび
   ポチッと!
      


         身近な新発見!
ポケカルの
日帰りツアー

旧新橋停車場

日本で初めて開通した鉄道は、新橋~横浜間ですが、開通当初の新橋停車場があった場所が、今は無き貨物ターミナルの汐留駅となります。

汐留駅廃止により、跡地の整備にあたり旧新橋停車場の遺構が発掘されたのをきっかけに、開通当時と同じ場所に復元された建物が、ここ「旧新橋停車場」です。

旧新橋停車場地図

JR新橋駅より徒歩5分、前回の記事にあった踏切からもとても近い場所。なるほど、汐留駅からこの踏切の場所を通って、築地市場まで線路が引かれていたわけですね。



旧新橋停車場
こちらが正面玄関。周りの景色は高層ビル化して、当時とはずいぶん違うんでしょうけど、それはこれでまた感慨あるものです。ちなみに見学は無料なんです。



玄関階段遺構
さらにこちらの玄関の階段に、当時の遺構を垣間見ることができます。案内板には、貴重な当時の駅舎写真もあって、現建物と見比べられます。なるほど、忠実に再現されてるのが分かります。



展示室案内看板
館内の鉄道歴史展示室では、臨時で鉄道関連に限らず様々な企画展示が催されています。今回は、しなのさかい様のブログ「しなのさかいの駅前広場 ~汽笛一声新橋を・・・~」で知りました~特急燕展~を見に来たのでした。(この企画展示は終了しています)

また、旧新橋停車場の駅舎模型や発掘で出土した物品の展示があったり、床がガラス張りになってて、駅舎基礎石の遺構を真下に覗けたりしました。



プラットホーム
さて、建物の裏手に廻るとプラットホームが!
なんだかホーム上にきらめかしいものがありますが・・・



ファンタジア号
これ、イルミネーションのファンタジア号です。クリスマスの時期の夕方から綺麗に点灯するみたいです!すでに汐留では、毎年恒例になってるらしい。なんだか銀河鉄道みたいですなあ・・・夜まで粘ろうかと思いましたが、今日のところは断念しました・・・来年もやってるといいな、いいな~



0キロポスト
結構有名な「0マイル標識」はここにありました!
日本の鉄道は、ここから始まったんですね~



プラットホーム遺構
ちょっと見落としがちですが、ここにもプラットホームの遺構が、時を越えてその姿をちょこっと見せています。






旧新橋停車場を跡にして、現存のJR新橋駅まで歩いて来ました。

新橋駅SL
新橋駅前に昔からある馴染みのSLですが、間近で見たの初めて。



汽笛案内看板
えっ、これは知りませんでした。
汽笛なるんですねぇ!
機会があったらジャストタイムに来てみましょうか。

(2009/11/20訪問)


テーマ : ちょっとおでかけ ジャンル : 旅行


ひとたび一票!
 お願いします
         人気ブログランキングへ
   ふたたび
   ポチッと!
      


         身近な新発見!
ポケカルの
日帰りツアー

築地市場貨物引込線跡ぷち歩き

その昔、今は無き貨物ターミナル汐留駅から築地市場までの貨物引込線があったらしく、現在でもその跡を偲ばせるというので探索してみることにした。

築地中央市場前から、ちょっと歩いて青果門前へ。ここから汐留駅まで線路が敷かれていたらしい。地図で見てみると、それらしき軌跡が確認できる。


青果門前から汐留方面に向けて、緩やかに弧を描くような細い道。これに違いない!



青果門
左に青果門。この大通りを挟んで反対側に・・・



廃線跡1
細い道の入り口が。間違いなく、ここだなあ。



廃線跡2
建物との狭間に伸びてる細い道。さて歩こうか・・・



廃線跡3
緩やかに弧を描くようなカーブ。いかにも線路の通り道だったというのが感じられる。



廃線跡4
新尾張橋。元は鉄道橋だったのを道路橋に掛け替えたとのこと。



廃線跡5
新尾張橋を渡ると、まもなく汐留である。



廃線跡6
目の前に首都高、汐留JCTの近く。廃線跡を辿るのはここまでのようだが、細い道の終りに踏切があった!



案内板1
踏切の案内板。この貨物引込線は、昭和62年まであったんだなあ。それでももう20年以上前になるのか。



案内板2
なるほど銀座に踏切とは、確かに珍しい・・・



踏切跡
道路に踏切があるのは、ちょっと異様な光景だが、ひっそりとこの場にマッチしてるように感じられた。


以上、築地市場青果門から踏切信号機跡まで、足かけ200mのプチ歩きでした~


(2009/11/20訪問)

テーマ : ちょっとおでかけ ジャンル : 旅行


ひとたび一票!
 お願いします
         人気ブログランキングへ
   ふたたび
   ポチッと!
      


         身近な新発見!
ポケカルの
日帰りツアー

築地場外市場下見

築地場外市場に初めて行ってきました。今まで興味あったんですが、なかなか機会が無くて、今回思い切って足を伸ばしました。

築地市場
まずは築地中央市場前。本当は本場の方も見学して見たかったですが、初めてだし見学にはいろいろルールもあるようなので、さすがに一人では心細いので今回はやめておきました。

そういえば巷に話題の「ぽけかる倶楽部」で市場見学ツアーなるものをやってましたねぇ。
この日もぽけかる倶楽部の旗を持ったガイドさん見かけましたよ!ああ、これかあ・・・と思いました。最初はこういったツアーに参加して見るのも手でしょうか。



浴恩園跡
築地中央市場の横に、ひっそりと案内板がありました。ふむふむ、もとはあの松平定信ゆかりの地だったようです。その名残も何も残ってませんが。



築地場外市場
さて築地市場の隣にある「築地場外市場」にやってきましたよ。ここはその名の通り、市場の場外なので、誰でも気軽に立ち寄れるところです。アメ横のような商店街で賑やかな雰囲気です。



電動車
築地といえばこの風景(かな?) 電動車が頻繁に往来してますので、気をつけましょう。



築地市場休憩室
親切にも休憩所がありました。ここに何種類か築地マップのパンフレットが置かれています。よくできたマップです。まずはここでマップを手に入れるといいと思います。



自販機
休憩所の自販機は、なんだか目を引く柄ですねぇ。



三種盛丼
せっかく築地に来たのだから、なにか海鮮ものが食べたいところ。「海鮮問屋つきじかんの」さんで三種盛丼を頂きました。(とにかくウニが食べたかった~)



まぐろやき
あと、いとをかしなものを見つけました!「築地さのきや」さんのたい焼き、じゃなくて「まぐろやき」?!
残念ながらこの日は食べなかったのですが、これは今度トライせねば~



(2009/11/20訪問)

テーマ : ちょっとおでかけ ジャンル : 旅行


ひとたび一票!
 お願いします
         人気ブログランキングへ
   ふたたび
   ポチッと!
      


         身近な新発見!
ポケカルの
日帰りツアー
プロフィール

TENE

Author:TENE
とりあえず国内旅行限定の
新鋭素人ルポライターです!
↓こちらのHPもやってます↓
たびっぷくロゴ
トラベレジャー自由誌「たびっぷく」
  旅行・観光を綴った私覚的自由誌
My★毎日記 【一記一得】
  一記一得をコンセプトにした日記

カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
お気に入リンク

カテゴリ
検索フォーム

当ブログに記載の情報は、訪問当時の情報になりますのでご了承下さい

ご意見・ご質問はこちら↓
メール【メール】
ご感想・足跡など何でもどうぞ↓
【たびっぷく掲示板】

月別アーカイブ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。