高尾山トリックアート美術館

トリックアート美術館1

京王線の高尾山口駅前に、堂々と建ちそびえる
高尾山トリックアート美術館に行ってきました。



トリックアート美術館2

美術館としては珍しいかな、こちらは写真撮影OKな施設です。
それもそのはず・・・
ここでは、カメラが大活躍するのです!



トリックアート美術館3
館内入口です。いざトリックアートの世界へ~


トリックアート美術館4
おっと、いきなり扉が口を開けてますが?!
こちらは、だまし絵です!



まず最初に、トリックアートについて簡単な説明を受けて、
片目を覆うための「目隠しアイテム」を頂きました。
・・・・昔、視力検査で使ったようなやつです。

トリックアートは、目の錯覚をたくみに利用した
いわゆる「だまし絵」なので、片目で見ると良いものも
あるので、このアイテムを使います。



トリックアート美術館5
おっと、思わず足元に目が行ってしまったあなた!


トリックアート美術館6
僕と同じ・・・現金な人ですね(笑)

これ、ホント真っ平らな床に描かれてるんです。
あたかも、本当に落ちているかのようです。



ところで、「カメラが大活躍」と書きましたが、
実際の目で見たものよりも、カメラで撮った写真の方が、
なんというか、よりリアルに映って見えるような気がしました。

これは「片目で見える錯覚」と関係してるのかなと思います。
カメラで撮ると、3次元が2次元になるわけで、片目を閉じたのと
同じような効果があるんじゃないかなぁ???
確かではありませんが。。。上手く説明できなくてスイマセン・・・

というわけで、ここでアップした画像は、
片目をつむる必要はありませんよ!



トリックアート美術館9
何やら凸ばってます。


トリックアート美術館10
うーむ、思わず引っこ抜きたくなる・・・



通常見る風景であれば、肉眼にはかないませんが、
ここでは必ずしも、そうとは限らないみたいで、
写真を撮りまくった方がいいみたいですねぇ。
でも他の人に迷惑がかからないようにしましょう~

実際に見た感じと、写真を比べてみるのも面白いかも!



トリックアート美術館11
そっち行っちゃだめ!
・・・痛い目を見ることになります。


トリックアート美術館12
奥行き感ある荘厳な宮殿


トリックアート美術館14
この時計は・・・本物?やっぱり幻なの?




トリックアート美術館21
こちらは立派な・・・


トリックアート美術館22
絵っ?! 横から見ると立体な・・・




トリックアート美術館15
取っ手を→に回します。○印の面に注目です。


トリックアート美術館16
あ~ら、不思議!まさに目を疑う実体験です。




そして、究極はこちら↓↓↓
トリックアート美術館17

ボタンを押すと、渦巻がぐるぐる回転します。
これを15秒間、凝視してから下の絵を見ると・・・

↓↓↓

トリックアート美術館18

雲が、もにょもにょ動めいているのです!
って、これは写真じゃ無理ですね。

これは実際、見てもらいたい貴重な体験でした!
これって、ムービー撮ったらどうなるのかしら???



トリックアート美術館では、ただ「だまし絵」を見て
楽しむだけにはとどまりません。自分も絵に溶け込んで、
このトリックな世界に躍りだすのが一番の醍醐味です!

トリックアート美術館8
ちょっと恥ずかしながらの、ありふれたポーズですが。



館内のいたるところに、このような撮影ポイントがあって、
自分なりのポーズで、どう演出するかがポイントですね。



トリックアート美術館13
こちらの絵には、石の棺を持ち上げるような
ポーズでの撮影見本があって、参考になりました。

棺の重さが伝わってくるような臨場感ある
写真が撮れるといいですねぇ~



トリックアート美術館19
大きく開いたゴリラの大口!

口の中で、大の字になってもいいし、
恐る恐る縮こまってもいいんじゃない?!



トリックアート美術館20
奈落の橋渡り!

ここは、2階フロアから1階フロアを見下ろした所にあります。
橋の上を、恐る恐る歩いてる様子を撮れば、
かなりスリリングな絵になるのではないでしょうか?!



そんなわけで、ここの美術館は2人以上で行くのがオススメですが、
あまり混雑していなければ、フロアにいる係りの人にお願いして、
写真を撮ってもらうこともできるみたいですね。

(2012/5/2 訪問)

テーマ : ちょっとおでかけ ジャンル : 旅行


ひとたび一票!
 お願いします
         人気ブログランキングへ
   ふたたび
   ポチッと!
      


         身近な新発見!
ポケカルの
日帰りツアー

かまぼこ博物館

かまぼこ博物館

ついに初見参!かまぼこで有名な小田原・鈴廣の「かまぼこ博物館」に行ってきまし~た。さすが小田原ならではのユニークなこの博物館は、入館無料なんです。



箱根百年水
「箱根百年水」です。
鈴廣かまぼこ作りには、この名水が使われています。



壁の魚
これはまさにぎょぎょ!
壁に埋め込まれた魚たち。
かまぼこの主原料になる魚が展示されています。




かまぼこスライス
おおっ、これはどこかで見かけたことのある
かまぼこスライス模型じゃありませんか!
けっこう大きいですねぇ。期待通り。
実はこれが一番見たかった~



かまぼこ模型
こちらもかまぼこ模型。
かまぼこの色は、お馴染みのピンクの他、
色鮮やかな種類があるようですね。
色を出すのに「うに」とかを使ったかまぼこもあるみたいです。



鈴廣本店
かまぼこ博物館のとなり、こちらは「鈴廣蒲鉾本店」です。
お土産品が揃ったかまぼこショップ「鈴なり市場」もあります。
様々なかまぼこが売られているとともに、試食コーナーも多くて
見て食べて買えるという、3拍子揃った楽しい市場です。



ちょっと珍しいもの発見しました↓
かまぼこバー
なんと「かまぼこバー」なるものが!
かまぼこソムリエがおもてなし。



さすがかまぼこ市場です。いろんなかまぼこが揃ってます。
その中で特に目を引いたもの↓
かまぼこサンプル
でかっ!もちろんこれはサンプルですが・・・
さすがにこれは特注品みたいですね。

これとは逆に、「色いろは」という名の、とってもカワいいカラフルなプチかまぼこのセットもありました。これはのどから手が出るほど買いたかった~

あとは「かまぼこトミカ」ですね。
こちらのそば(←今は販売してませんが)に乗ってたやつですね。

さらに「かまぼこストラップ」! 売ってました。
これが超かわいい~代物です。今度、絶対買ってやります。

注目のお土産が多かったので、またそのうちお土産記事を書きますね。



最後にこちら、かまぼこ博物館の最寄り駅↓
風祭駅
キュートな駅舎、見てきましたよ~

(2010/5/11訪問)


テーマ : ちょっとおでかけ ジャンル : 旅行


ひとたび一票!
 お願いします
         人気ブログランキングへ
   ふたたび
   ポチッと!
      


         身近な新発見!
ポケカルの
日帰りツアー

京王れーるランド

京王れーるランド1
やっぱり行ってきました。京王れーるランド!
京王線多摩動物公園駅に隣接の鉄道ジオラマ館です。
1フロアだけですが、入場無料で気軽に入れるのがいいですね。


その1フロアのほとんどを占める巨大ジオラマが設置され、
狭いながらもインパクトあります。
京王れーるランド2

高架の京王線駅や、百草園などがあって、
京王線沿線に因んだジオラマとなってます。
ジオラマ風景は、現実のレイアウトとは違いますが、
京王線沿線の雰囲気を醸し出していますね。

ちなみにこちらのジオラマの模型、運転することもできます。(1回100円)
実物の運転台にあったマスコンハンドル・ブレーキを操作できます。
モニター付きの運転台では、模型に搭載のカメラから、
ジオラマ内の運転風景が見れるというのも、興味をそそられます。



京王れーるランド3
こちらはモノレールの多摩動物公園駅ですね。
こちらも周りの景色は、実際とは異なりますが・・・

左下の赤い丸いのはアドバルーンみたいです。
細かい所まで、よく演出されてて、じっくり見るとおもしろい!



京王れーるランド4
今は懐かしのプラレールも展示してありました。

入り口では、京王電鉄オリジナルグッズが売ってました。お決まりのキーホルダーやストラップですね。さすがに大人になった今では、興味はあっても欲しいとまでは思わないなあと思っていたら、京王電車のUSBメモリーを発見!パソコン機器が、鉄道グッズにも登場してくるとは、時代は移り変わるなあとつくづく痛感させられました。

(2010/3/27訪問)

テーマ : ちょっとおでかけ ジャンル : 旅行


ひとたび一票!
 お願いします
         人気ブログランキングへ
   ふたたび
   ポチッと!
      


         身近な新発見!
ポケカルの
日帰りツアー

旧新橋停車場

日本で初めて開通した鉄道は、新橋~横浜間ですが、開通当初の新橋停車場があった場所が、今は無き貨物ターミナルの汐留駅となります。

汐留駅廃止により、跡地の整備にあたり旧新橋停車場の遺構が発掘されたのをきっかけに、開通当時と同じ場所に復元された建物が、ここ「旧新橋停車場」です。

旧新橋停車場地図

JR新橋駅より徒歩5分、前回の記事にあった踏切からもとても近い場所。なるほど、汐留駅からこの踏切の場所を通って、築地市場まで線路が引かれていたわけですね。



旧新橋停車場
こちらが正面玄関。周りの景色は高層ビル化して、当時とはずいぶん違うんでしょうけど、それはこれでまた感慨あるものです。ちなみに見学は無料なんです。



玄関階段遺構
さらにこちらの玄関の階段に、当時の遺構を垣間見ることができます。案内板には、貴重な当時の駅舎写真もあって、現建物と見比べられます。なるほど、忠実に再現されてるのが分かります。



展示室案内看板
館内の鉄道歴史展示室では、臨時で鉄道関連に限らず様々な企画展示が催されています。今回は、しなのさかい様のブログ「しなのさかいの駅前広場 ~汽笛一声新橋を・・・~」で知りました~特急燕展~を見に来たのでした。(この企画展示は終了しています)

また、旧新橋停車場の駅舎模型や発掘で出土した物品の展示があったり、床がガラス張りになってて、駅舎基礎石の遺構を真下に覗けたりしました。



プラットホーム
さて、建物の裏手に廻るとプラットホームが!
なんだかホーム上にきらめかしいものがありますが・・・



ファンタジア号
これ、イルミネーションのファンタジア号です。クリスマスの時期の夕方から綺麗に点灯するみたいです!すでに汐留では、毎年恒例になってるらしい。なんだか銀河鉄道みたいですなあ・・・夜まで粘ろうかと思いましたが、今日のところは断念しました・・・来年もやってるといいな、いいな~



0キロポスト
結構有名な「0マイル標識」はここにありました!
日本の鉄道は、ここから始まったんですね~



プラットホーム遺構
ちょっと見落としがちですが、ここにもプラットホームの遺構が、時を越えてその姿をちょこっと見せています。






旧新橋停車場を跡にして、現存のJR新橋駅まで歩いて来ました。

新橋駅SL
新橋駅前に昔からある馴染みのSLですが、間近で見たの初めて。



汽笛案内看板
えっ、これは知りませんでした。
汽笛なるんですねぇ!
機会があったらジャストタイムに来てみましょうか。

(2009/11/20訪問)


テーマ : ちょっとおでかけ ジャンル : 旅行


ひとたび一票!
 お願いします
         人気ブログランキングへ
   ふたたび
   ポチッと!
      


         身近な新発見!
ポケカルの
日帰りツアー

鉄道博物館

さいたま市にある念願の鉄道博物館に、ついに行ってきました~

鉄道博物館

さすが見所目白押しで、丸一日満喫できます!先着予約が必要なものや、定時刻に催されるタイムショーなどがあるので、早い時間に行って、じっくり楽しむのがいいかと思います。

シュミレーター
まず最初に、入口付近にある「運転シュミレーター」です。


お馴染みの山手線や、新幹線など4種類あり、これらは予約なし無料で体験できます。奥にある「D51運転シュミレーター」だけは有料で、先着予約27名までという希少なSLシュミレーターです。※D51運転シュミレーターは中学生以上から

いやあ、シュミレーター4台もあるし、開館直後だったので、まだそれほど並んでいませんでしたが、やっぱり恥ずかしくてできませんでしたね~勇気を出して次回に期待します!





次は、メイン展示会場の「ヒストリーゾーン」へ。

ボンネット特急
ブルートレイン客車
吹き抜けになってる開放感ある広い展示会場には、懐かしの車両がズラリ。


展示車両の中に入れるのはもちろん、面白いなーと感じたのが、階段を降りると車両の下に潜れるスポットがあった事。普段は見れない車両真下の様子を覗ける!マレー式蒸気機関車と東北新幹線の2か所でありました。

この「マレー式蒸気機関車」なんですが、1日1回定時刻に「動輪回転実演」が行われます。つまりその様子を真下からも覗けるわけですね~ また「東北新幹線」では、1日2回定時刻に「新幹線の連結器ガイド」やってます。新幹線ボンネットの中が見れますよ~

そして、これは外せない注目のタイムショー
「転車台回転実演」!
転車台
ヒストリーゾーン中央にある蒸気機関車が載った転車台が、ぐる~っと豪快に1回転します。離れた場所にいても何事かと思うくらい、とても大きな汽笛も鳴って、これにはビックリです!1日2回、お見逃しなく!





さて、2Fにやって来ました。吹き抜けになっているので、ヒストリーゾーンの展示車両が見渡せます!さっきの転車台回転も、2Fから眺めるといいと思います。そして2Fには「模型鉄道ジオラマ」があります。

ジオラマ1
ジオラマ2
こちらも1日何度か定時刻に「解説ショー」が催されますが、合間の時間は室内解放しているので、それほど時間を気にしなくても大丈夫かと思います。





さてと、1Fに降りてきて、中庭に出ると・・・

ミニシャトル
ミニシャトル「ミニはやて号」 ※天候により運転中止の場合あり


ミニシャトル乗り場

本館と北口を結ぶトロッコみたいなミニシャトルです。かわいい~
なんと乗車無料!もちろん大人もOK!これなら気軽に乗れます。横目に自動車教習所の鉄道版みたいな「ミニ運転列車」の敷地を眺めながら、列車はゆったりと進みます。

ミニ列車運転

この「ミニ運転列車」は、有料で先着予約となってます。※小学生以上から

それにしてもミニ列車を実際に運転できるっていうのは凄い魅力!とは言うものの、やっぱり恥ずかしくてチャレンジできませんでした~

ですが、まるで教習所みたいな本物さながらのレイアウトに愛嬌あるミニ車両・・・これは見てるだけでも十分楽しかったです~ ※天候により運転中止の場合あり

ミニ列車運転ホーム
最初なんだか分かりませんでしたが、「スーパービュー踊り子」ちゃんみたいですね~


ミニ列車成田エクスプレス
おおっ!「成田エクスプレス」様、カッコいいです。


ミニ列車あずさ
これは「あずさ」くんですねぇ。かわいいです!

(2009/7/23訪問)

テーマ : ちょっとおでかけ ジャンル : 旅行


ひとたび一票!
 お願いします
         人気ブログランキングへ
   ふたたび
   ポチッと!
      


         身近な新発見!
ポケカルの
日帰りツアー

都電おもいで広場

都電おもいで広場1

初都電荒川線乗車!荒川車庫前停留所の目の前にある「都電おもいで広場」に行ってきました。こちらは2両の都電車両が展示されてる、ちょっとした憩いの広場になってて、土日祝に無料で開場されてます。(午前10時~午後4時、年末年始は休場)
この白い車両と、

都電おもいで広場2

こちらの黄色い車両です。

都電おもいで広場3
こちらの黄色いのは「学園号」という名前らしいですね。

都電おもいで広場4
黄色い車両には、懐かしの扇風機が!!!



都電おもいで広場5
変わってこちらは白い車両の内部で、クーラーが涼しかったです。都電資料が展示され、奥に見えるのは・・・

都電おもいで広場6
「おもいでジオラマ」・・・懐かしい街並みが、ちょこんと展示されてて興味をそそりますねぇ。



都電おもいで広場7
荒川車庫前停留所は車庫直結なので、結構頻繁に、車庫から本線に出庫して行く車両を眺めることができ、これも都電風景のひとつでしょうね。

(2009/8/1訪問)

テーマ : ちょっとおでかけ ジャンル : 旅行


ひとたび一票!
 お願いします
         人気ブログランキングへ
   ふたたび
   ポチッと!
      


         身近な新発見!
ポケカルの
日帰りツアー

横浜市電保存館

以前から目を付けてた横浜市電保存館に行ってきましたよ~。こちらは、イクスカーションさんのブログで拝見して、密かに狙ってた所でした。

  気ままにゆったり日帰り旅行 ~自由にまち探検
          『横浜磯子散策-04』

三殿台遺跡を後にして今度は今まで登ってきた坂道を一気に駆け下り北側の堀割川方面に向かって行きました。ここには横浜市電保存館があります。写真は入口の市電の車輪です...

横浜市電保存館

入場料大人100円。保存館という名の通り、博物館というには規模が小さいですが、館内には市電車両がズラリと並び、他の博物館にも匹敵する鉄道ジオラマもあって、見応え十分です。これでいて値段も破格。写真のように館前に5台の駐車場の他、臨時駐車場もあり。



鉄道模型パノラマ1

この鉄道模型パノラマは、HOゲージとOゲージの2種類が一つの大ジオラマの中に走っており、両サイドから眺められます。横浜の街を再現した、結構凝った造りになってて、奥に見えるのは中華街の門ですかねぇ。手前に市電が走ってるのも見えますね。

鉄道模型パノラマ2
反対側からのパノラマです。さりげなくランドマークタワーが建ってるのが見えます。

パノラマトンネル
おっと、ここにもありました。パノラマトンネル!誰もいなかったので衝動に駆られていざ突入・・・

パノラマトンネル内部
なるほど、トンネル内部に地下鉄が走ってる様を確認できるようになってるんですね~

地下鉄シュミレーター
有料ですが、市営地下鉄のシュミレーターもありました。ここまで揃うと、博物館なみですねぇ!

レトロ模擬売店
確か実際に物は売って無かったですが、レトロな模擬売店です。ドリンクは隣の自販機で!

大時計
どうやってカメラに収めようかと迷ったほどデカい大時計。先代横浜駅東口に掲げられていた実物のようで、ちょっと圧巻!

市電車両
館内には市電車両がズラリと並び、もちろん中に入ることができます。当時の車内アナウンスも流れていたりして、内部はとてもレトロ。

車内風鈴
夏休み期間中は、ちょうど「ふうりん電車」というのをやっていて、車内は様々な風鈴で彩られてました。

シュミレーター市電車両
こちらは、簡単なシュミレーターが付いた市電車両です。

動く窓景色
木枠の窓に木の座席とレトロな車内で、窓に映し出された景色が動くのです。

市電車両運転台
こちらが運転台。はっきりいって本格的ではありませんが、その分気軽に、ちょこっと気分を味わえますね。運転台の景色も、運転に合わせて動きます。

いやあ、保存館といっても、博物館と同じくらいの充実した施設でした~

(2009/8/2訪問)

テーマ : ちょっとおでかけ ジャンル : 旅行


ひとたび一票!
 お願いします
         人気ブログランキングへ
   ふたたび
   ポチッと!
      


         身近な新発見!
ポケカルの
日帰りツアー

電車とバスの博物館

東急田園都市線・宮崎台駅直結!ついに電車とバスの博物館に行ってきました。

電車とバスの博物館

入口自動改札
入口はお決まりの自動改札機。ここは高津駅にあった時から自動改札でしたね。入場料は大人100円と破格の安さ!



電車シュミレーター
お馴染み東急車両の「電車BOXシュミレーター」です。ホームに止まった感じの所に設置されており、ホームには「電車とバスの博物館」と表示された東急の駅名版とベンチが設置されてます。



ワイドスクリーン
迫力満点のワイドスクリーンに運転景色が映し出されます。



シュミレーター運転台
電車BOX内部、運転台後ろから見た様子です。ここからみると本物の景色みたいに見えますねぇ!



玉電
高津時代からの目玉展示のひとつ「玉電」。丸っこい車体で「いもむし」とか愛称付いてます。昔の渋谷から二子玉川園まで、246号線の路面を走っていたようですね。いもむしみたいに路面をはうように走ってる姿が彷想像されます。



バスのシュミレーター
さすが電車とバスの博物館だけあります。バスのシュミレーターです!



バス運転台
バスの運転台です。意外にも電車シュミレーターより、結構待ちで並んでるようでした。でもバス車内で座って待てるのがいいですねぇ。これは車の教習所にあったカートレーナーみたいな感じだったと思います。



昔の高津駅
昔の高津駅を再現したコーナー。自動改札はもちろん、自動券売機も無く、レトロと懐かしさを感じます。



パノラマシアター
これまたお決まりの鉄道模型「パノラマシアター」は一日3回運転されます。



飛行機シュミレーター
貴重な「飛行機シュミレーター」です。隣接の別館である「イベント館」にあるので、見落とさないようにしましょう!・・・とはいっても実際には、やりませんでしたが(^_^;)



飛行機コックピット
とりあえずコックピットの雰囲気を覗けただけでも、かなり満足したのでした。でも別館にあるせいもあって、数人しか並んで無くて、ちょっとした穴場なんじゃないかとは思いました。

(2009/8/1訪問)

テーマ : ちょっとおでかけ ジャンル : 旅行


ひとたび一票!
 お願いします
         人気ブログランキングへ
   ふたたび
   ポチッと!
      


         身近な新発見!
ポケカルの
日帰りツアー

東武博物館

東武伊勢崎線東向島駅にある東武博物館に行ってきました。こちらは最近リニューアルしたばかり!高架下にある施設ですが、館内は2フロアあり、なかなか広いスペースを占めています。ここは様々な運転シュミレーターがあって、種類が充実してるのが特徴。

実のところ、東武にはあまり馴染みがないのですが、有名なデラックスロマンスカーや愛嬌ある「ネコひげ」とか展示されてて、結構目移りしてました。

東武博物館


入口を入るとまずSLが迎えてくれます。
SL機関車

1日4回、定時間に行われる「SLショータイム」では、その場で汽笛を鳴らして動輪が回転する様を眺めることができます。



ドイツのジオラマ1
ドイツのジオラマ2
これはなかなか珍しい「ドイツの鉄道模型ジオラマ」があります!



中庭に出ると・・・
ネコひげ
これがウワサの「ネコひげ」!
その容姿から「ネコひげ」の愛称を持つ流線型車両ですが、なるほど~納得。ヘッドマーク部分がヒゲに見えて愛嬌ありますが、なかなか渋い車両です。



電車シュミレーション
「電車BOXのシュミレーション」・・・・こちらのは固定されてて揺れないみたいですね

シュミレーション運転台
この写真は、運転台後ろからの様子です。
ワイドスクリーンに運転景色が映し出され、まるで本当に運転してるみたいな臨場感を味わえそう!

電車シュミレーションは他に、運転台にフルハイビジョンモニターが付いたコンパクトタイプが2台。さらに簡易型のミニシュミレーションが1台ある。これならなんとかできそうな感じでしたが、いっぱい並んでたので自粛・・・



バスのシュミーレーション
これまた珍しい「バスのシュミレーション」
レトロ風のバスの運転台で楽しめる。運転台後ろのタイヤが左右に動きます。

また、鉄道模型ジオラマでは、定時刻にパノラマショーが開催されますが、その合間の時間には、模型の運転ができる運転台もある!(こちらは有料)

その他、「安全に走るシステム」のコーナーにも4台の運転台があり、ここでも模型の運転ができるので、様々な運転タイプを楽しめるのです。

鉄道模型ジオラマ
定番の「鉄道模型ジオラマ」です。



展示バス展示ロープウェイ
バスやロープウェイも展示されてました。



展示バス内部
ちょっとレトロなバスの内部は、こんな感じ。



ウオッチングプロムナード
「ウオッチングプロムナード」
高架下にある立地を生かして、ホーム下の風景を小窓から真近にのぞくことができます。これはなかなか迫力ありますね~



けごん
おおっ、デラックスロマンスカー「けごん」です!

これは館外に展示されていたので、あやうく気付かず見逃す所でした。車両内部には、館内から入れるようになってますよ。

(2009/7/24訪問)

テーマ : ちょっとおでかけ ジャンル : 旅行


ひとたび一票!
 お願いします
         人気ブログランキングへ
   ふたたび
   ポチッと!
      


         身近な新発見!
ポケカルの
日帰りツアー

地下鉄博物館

ここもずっと前から気になっていた所でしたが・・・ついに
地下鉄東西線葛西駅の高架下にある 地下鉄博物館サイト に行ってきました。

地下鉄博物館
入館料は大人210円というお手頃価格で、気軽に楽しめます。



博物館入口
入館券を買って自動改札口を通ります。本格的ですね~



展示車両

まず最初に、昔お馴染みの色で懐かしい「丸の内線第1号車」と、奥にある黄色いのは「日本最初の地下鉄電車」が登場します。もちろん車内に入ることもできます。日本最初の地下鉄電車の内部はとてもレトロでした。



昔の改札口
開業当時の「自動改札機」!?
硬貨を入れると、バーが回転する仕組みになっていたようです。確かに自動改札だこれは。



上野駅プラットホーム

自動改札機を通り、上野駅プラットホームへ。こちらでは、開業当時のプラットホームの様子が復元されています。ささやかながらレトロな雰囲気を味わえる。さっきの黄色い電車は、このホームに止まってる形になります。



トンネル断面

地下鉄トンネルの実物大断面のようですね。一車線分の線路が敷かれています。さすがに、かなりデカいです。



メトロパノラマ
地下鉄ジオラマ「メトロパノラマ」

定番の鉄道模型ジオラマですが、地下鉄の特色が出たジオラマとなってます。ここでおもしろいと思ったのが、「パノラマトンネル」というのがあって、ジオラマの中に潜れる!とはいっても、トンネルは地をはって行く感じなので、子供向けですね。すごい興味がありましたが、さすがにためらわれました・・・



お次は出ました~「千代田線運転シュミレーター」!
シュミレーター1
シュミレーター2
迫力あるワイドスクリーンの本格的シュミレーターで、この電車BOXが揺れたりして凄い凝ってます!



シュミレーター3

その他3台の各種シュミレータもあって、こちらはミニスクリーンの運転台で気軽にトライできる感じでした。待ちがいなかったのもあって、恥ずかしながらついチャレンジしてしまいました。やっぱり実際の運転台の感触はいいですね~!

(2009/7/24訪問)

テーマ : ちょっとおでかけ ジャンル : 旅行


ひとたび一票!
 お願いします
         人気ブログランキングへ
   ふたたび
   ポチッと!
      


         身近な新発見!
ポケカルの
日帰りツアー

立川防災館

ここは前から行ってみたかった所なんです~
噂の「地震体験室」での地震体験や「煙体験室」、消火器を使った「消火訓練」など、普段では体験できない貴重な体験ができる、ちょっとしたおもしろスポットでもあり、とてもためになる施設です。今回この3つをやってきました!

立川防災館

入館料は無料で、上記3つと「応急救護訓練」・「防火ミニシアター」の5つの体験ができます。各コーナー所要時間は30分かかるので、全部体験する場合は早い時間がいいです。またイベントや団体客の関係もあるので、あらかじめお問い合わせした方がベターです。また年齢によって体験できないコーナーもあります。詳しくは東京消防庁公式HPの施設案内「防災館」で「立川防災館」をご覧ください。

まず最初に受付で体験スケジュールを決めて、インストラクターの指示に従って体験していきます。

煙体験室「煙体験室」です。
英語で「スモーク・メイズ・ルーム」と書かれていました。その名の通り、中はちょっとした迷路になっています。煙の中の建物を脱出するという設定で、単純な迷路なんですが、薄暗く、煙が充満してきて、ちょっとパニックになりました。こういう状況でも落ち着いて行動したいものです。


地震体験室噂の「地震体験室」です。
震度7までの地震が体感できます。今回震度7の地震を体験しました。一瞬ではありましたが、やはり恐ろしかったです。いざという時に少しでもあわてないように、こういう場所で体感しておくと大分違うと思います。


地震体験室アップ
地震体験室の台所テーブルセットが見えます。うわっ反射してガラスにシルエットが写ってるー

消火訓練室
「消火訓練室」です。消火器を使って、モニターの燃える炎に向かって噴射します。消火器の疑似体験ができます。消火器なんて実際使ったことないので、すごいためになると思いました。

今回一人で行きましたが・・・やはり家族連れが多くて・・・今さらちょっと恥ずかしかったですねぇ。「地震だ!」「火事だ!」と叫ぶ場面もありますんで、一人じゃ行かないほうがいいですね~(とりあえず他の家族の方と一緒にやりましたが)

なお、防災館は立川の他に「本所防災館」と「池袋防災館」にもあるようです。おそらく駐車場があるのは立川だけなんで、車の場合は立川がおすすめでしょうか。

(2009/6/20訪問)

テーマ : ちょっとおでかけ ジャンル : 旅行


ひとたび一票!
 お願いします
         人気ブログランキングへ
   ふたたび
   ポチッと!
      


         身近な新発見!
ポケカルの
日帰りツアー

富士山レーダードーム館

まだ2年前の話で、なかなか新鮮ネタ!道の駅富士吉田に隣接の「富士山レーダードーム館」に行って来ました。富士山レーダードームは昭和39年から平成11年までの35年間、富士山の頂上で気象観測していた施設です。役目を終えたあと、この地に移設・復元されて、レーダードーム館として展示されています。

富士山レーダードーム

館内はレーダードームの生い立ち、難工事の軌跡、気象観測の役目などが展示され、実際に使用していた機器やレーダードームの内側を見ることが出来る。その他、寒さと風体験コーナーや、気象観測員認定書を発行してもらえるクイズコーナーなど、ささやかながらあきさせない演出もあります。

展示を見て一番驚いたのは、ドーム建設の工事に武田信玄などで有名な作家の新田次郎氏も携わっていた事でした。富士山頂の環境を疑似体験できる「寒さと風体験コーナー」も、なかなかをかしなものでした。

ちなみにここのチケットは、近くにある「富士吉田市歴史民俗博物館」と共通になってたのかな、そちらも一緒に見学して来ました。道の駅と合わせて、この3か所巡りをするといいと思います。

(2007年3月訪問)

テーマ : ちょっとおでかけ ジャンル : 旅行


ひとたび一票!
 お願いします
         人気ブログランキングへ
   ふたたび
   ポチッと!
      


         身近な新発見!
ポケカルの
日帰りツアー

リニア見学センター

ずいぶん昔のことで恐縮至極ですが、山梨に越して間もない頃に訪れたスポットであります。

都留にある「山梨県立リニア見学センター」では、リニア実験線でのリニアモーターカーの試走が直に見れる所です。

入場料は無料なんです!

試走運転予定日は、こちらのリニアエクスプレスのページで確認できるようです。(念のためセンターにもお問い合わせ下さい)

このリニア実験線は、東京から山梨・長野を通し大阪まで至る、建設計画中の中央新幹線の実験線となっています。もし中央新幹線が現実すると、東京と大阪を1時間半くらいで結ぶらしい。そう遠い未来でもないようです。

山梨リニア実験線
※地図画像は、【CraftMAP】 -日本・世界の白地図- サイトから頂いたものを
 活用させていただきました

始めて見るリニアモーターカーというものが、時速450キロも出して目の前を通過していきました。話には聞いていたけど、さすがであります。ちょっぱやです!地を這う飛行機みたいでした。

(2002年4月訪問) ※入場料は現在でも無料のようです

テーマ : ちょっとおでかけ ジャンル : 旅行


ひとたび一票!
 お願いします
         人気ブログランキングへ
   ふたたび
   ポチッと!
      


         身近な新発見!
ポケカルの
日帰りツアー
プロフィール

TENE

Author:TENE
とりあえず国内旅行限定の
新鋭素人ルポライターです!
↓こちらのHPもやってます↓
たびっぷくロゴ
トラベレジャー自由誌「たびっぷく」
  旅行・観光を綴った私覚的自由誌
My★毎日記 【一記一得】
  一記一得をコンセプトにした日記

カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
お気に入リンク

カテゴリ
検索フォーム

当ブログに記載の情報は、訪問当時の情報になりますのでご了承下さい

ご意見・ご質問はこちら↓
メール【メール】
ご感想・足跡など何でもどうぞ↓
【たびっぷく掲示板】

月別アーカイブ